ひみつのビューティーパーク

Beauty Park Japan

2022年7月1日 更新

キッズ脱毛は何歳から?始める前に知っておきたい危険なリスク

脱毛が一般化してきた現在、子どもに脱毛を受けさせようと考える保護者の方が増えています。確かに子どものうちから始めた方が脱毛効果は高いといわれていますが、そこには危険も潜んでいるのです。この記事では、実際にあったトラブル事例をもとに、キッズ脱毛で起こり得る危険や安全な脱毛サロンの選び方をご紹介します。

キッズ脱毛は何歳からできる?

脱毛を始めるのは何歳からでなければならないという明確な決まりはありません。そのため、キッズ脱毛の開始年齢はサロンによって異なります。未就学児でも可能なサロンもあれば、16歳以上に限定しているサロンもあるので、まずは近隣のサロンのホームページを確認してみてください。

ただし、近隣のサロンで受け入れ可能だからといって、脱毛を始めるのは何歳でもよいわけではありません。あまりにも幼いうちに脱毛をしてしまうと、時に危険を伴います。子どもは肌も成長途上で皮膚が薄いので、大人よりも外部刺激に敏感だからです。また、皮膚には身体を守るバリア機能が備わっていますが、子どもはバリア機能も未熟なので脱毛による肌トラブルも起こりやすい傾向にあります。

加えて、幼いうちは毛が生えてくる位置が分からなかったり、毛の周期が乱れやすかったりするので、脱毛による効果を実感しづらいです。毛が細くて柔らかい方が脱毛卒業までの期間は短いという認識が一般的ですが、子どもの場合は必ずしもそうとは限りません。成長するにつれて毛量が増えてくるので、早いうちに脱毛を始めることでかえって脱毛にかかる期間や費用がかさんでしまう可能性があります。

このような理由から、キッズ脱毛を始めるのであれば第二次性徴を迎えた後の方が望ましいでしょう。とはいえ、それでも早いうちからキッズ脱毛を始めさせたいと考える保護者の方もいると思います。その場合は、なるべく子どもにとって負担にならない脱毛を選ぶことが大切です。

キッズ脱毛で気をつけたいトラブル

ここからは、キッズ脱毛で起こりやすいトラブル例をご紹介します。脱毛にはメリットもあればデメリットもあります。子どもを守るためにも、あらかじめどのような危険があるのか知っておいた方がよいでしょう。キッズ脱毛を始めるかどうか検討する際の参考にもなるので、それぞれよく確認してもらえたらと思います。

熱さや痛みを感じやすい

先ほど述べた通り、子どもの肌は大人よりも弱いです。その分、施術中にトラブルが発生しやすい傾向にあります。大人であれば問題ない施術内容であっても、子どもの肌だとダメージを受けやすいです。一般的には痛みが少ないといわれている光脱毛であっても、施術中に熱さや痛みを感じてしまうことがあります。

医療脱毛やワックス脱毛ならなおさらです。子どもによってはその経験がトラウマになり、脱毛に行きたくないと言い出すことも考えられます。そうなると途中解約せざるを得ません。途中解約だと解約金が引かれるので、払い戻しができたとしても返金額は一部になってしまいます。

施術後にダメージを生じやすい

施術直後は問題ないように見えても、自宅に帰ってしばらくしたら、赤みなどの肌トラブルが出てきたというケースは少なくありません。脱毛を受けた日は子どもの様子をよく気にかけてあげましょう。もし、何らかの肌トラブルが生じた場合、速やかに脱毛サロンへ相談してください。肌の具合によっては皮膚科を受診する必要があるかもしれません。

帰宅後に肌トラブルが生じた際のケア方法や、皮膚科にかかった場合の受診料は負担してくれるのかといった保証面については、契約前によく確認しておくことをおすすめします。

火傷や毛嚢炎の危険が高い

肌のバリア機能に対して照射出力が強いと、肌が耐えきれずに火傷してしまったり、傷ついたバリアから細菌が侵入したりすることがあります。細菌が侵入してしまうと、毛根の周囲に赤身や腫れ、化膿といった症状が現れ、毛嚢炎(もうのうえん)になってしまいます。通常であれば数日で自然に治りますが、炎症が悪化すると発熱や痛みを伴うようになるので、炎症がひどい場合は脱毛サロンに連絡したうえで皮膚科を受診してください。

また、火傷の場合はとにかく素早い処置が重要です。処置が遅れたり、火傷の程度がひどかったりする場合には何年も痕が残ってしまうかもしれません。しかも、火傷や毛嚢炎になってしまうと、治っても色素沈着が起きてしまう可能性があります。そうなると脱毛も受けられなくなるので、施術実績や万が一の対応がしっかりしている脱毛サロンを選びたいですね。

脱毛の効果を感じられない

もともと脱毛効果には個人差がありますが、子どもは毛の周期が一定でなかったり、出力を抑えて施術したりすることから、大人よりも脱毛効果を実感しにくいことがあります。キッズ脱毛は大人よりも低価格ではありますが、十分な効果が出るまでに意外と時間やお金がかかったというケースもあるようです。

また、子どもはプールの授業や外遊び、スポーツクラブでの活動などによって日焼けしやすい環境にいます。現在主流となっている脱毛方法では日焼けしていると施術を受けられないので、日焼けが薄れるまでは脱毛できず、サロンへ通う期間が長期化するケースも考えられるでしょう。
24 件

関連する記事

【2021年最新】全身脱毛でおすすめの脱毛サロン15選!後悔しない5つの選び方や注意点を解説

全身脱毛でおすすめの脱毛サロンをご紹介します。学割のある脱毛サロン、乗り換えにおすすめの脱毛サロン、メンズにおすすめの脱毛サロンなど、カテゴリー別にピックアップしました。脱毛サロンで全身脱毛をする際の疑問や口コミなどもご紹介します。
脱毛

【最新版】眉毛脱毛におすすめの脱毛サロン7選 | 脱毛できる部分やリスクも詳しく解説!

眉毛脱毛ができる脱毛サロンをお探しの方に、おすすめの脱毛サロンを紹介します。女性だけでなく男性も必見!メンズにおすすめの眉毛脱毛サロンも併せて紹介。さらに、眉毛脱毛のメリット・デメリット、リスクまで事前に把握しておきたい情報をまとめました。
脱毛

【2021年最新】うなじ脱毛におすすめの脱毛サロン6選|人気のデザインやメリット・デメリットもあわせて解説

うなじの脱毛におすすめの脱毛サロン7つをご紹介します。うなじの脱毛で施術できる範囲や人気の脱毛デザインなども解説。さらに、脱毛サロンのメリットやデメリット、自己処理の方法と注意点をまとめました。記事を読むことで、うなじ脱毛におすすめの脱毛サロンや自己処理の方法が理解できます。
脱毛

【最新版】顔脱毛&顔脱毛込みの全身脱毛がおすすめの脱毛サロン6選|サロンの比較ポイントや注意点も紹介

顔脱毛がおすすめの脱毛サロン3選と、顔脱毛込みの全身脱毛がおすすめの脱毛サロン4選を紹介します。顔脱毛が初めての方のために、脱毛サロンを選ぶ時の比較ポイントや、脱毛の時に気をつけるべき注意点についても説明します。
脱毛

【最新版】背中の部分脱毛ができる脱毛サロン6選|背中脱毛のメリット・デメリットや確認するべきことは?

背中の産毛が気になっているなら、自己処理よりも脱毛がおすすめです。背中を部分的に脱毛できる脱毛サロンや、背中脱毛で後悔しないために知っておきたい確認ポイントを紹介します。さらに、背中脱毛のメリット・デメリットも併せて紹介しますので、参考にしてみてください。

この記事のキーワード