ひみつのビューティーパーク

Beauty Park Japan

2020年11月24日 更新

【都内美容師おすすめ!】2021年おすすめヘアスタイル

新型コロナウイルスの影響で延期を余儀なくされた東京オリンピック。その開催が期待されるのが来たる2021年です。2020年はなにかと暗い話題が多くあったように感じましたが、2021年は明るい1年にしたいですよね。そんな2021年、新たなヘアスタイルの流行は何が待っているのでしょうか?流行を生み出す日本の中心「東京」の人気スタイリストが教える2021年おすすめヘアスタイルをどこよりも早くご紹介します!

2020年をプレイバック

未知のウイルスと戦っているうちに、あっという間に過ぎ去っていた2020年。「ステイホーム」が定着したことからダルゴナコーヒーなどを手づくりで楽しむ「おうちカフェ」や「オンライン飲み」、自宅で楽しめる娯楽としてNintendoが発売した「あつ森」や少年漫画「鬼滅の刃」などが大ブームになりました。

ファッションでは、赤系のアイシャドウで泣いたあとのような目元やローズ系のリップで病弱さを演出する「地雷メイク」がトレンドに。仲里依紗さんをはじめ数々の著名人がYouTubeでそのメイクを披露したことでも話題になりました。

そんななかヘアスタイルではフェイスラインに沿ってハイライトを入れる海外セレブ風の「フェイスフレーミング」や前髪だけにハイライトを入れる「ミストバング」がSNSで人気沸騰。 マスクのせいで顔まわりが野暮ったくなりがちだったこともあり、おしゃれにみせたい女子たちはハーフアップですっきりまとめ、産毛風のもみあげをかわいく見せることを意識したオーダーが多くあったようです。

また第3次韓流ブームもあり韓国風「シースルーバング」も人気の勢いが止まりませんでした。

2021年都内美容師がおすすめする厳選スタイル

それでは、来たる2021年はどのようなヘアスタイルが人気になるのでしょうか?流行の発信地「東京」の人気スタイリスト5名がおすすめするヘアスタイルをたっぷりご紹介します。

艶髪でつくる愛されストレート

ミストバングやフェイスフレーミングなど、個性的なカラーやスタイルの人気も目立ちましたがやはり「王道」のスタイルは流行の波に囚われすぎることなく人気です。メイクでもここ最近「艶」がキーとなっていますがそれは髪の毛でも同じ。外国人風で透明感のあるカラーやウェットな質感を残すスタイリングブームも継続するなか、艶は見落とせないポイントです。

鈴木さんおすすめポイント

「髪質改善を得意とする当店では、巻いたりしなくてもそもそもの髪をきれいに魅せる“髪質改善ストレート”が推しです。髪の毛の水分、油分、カラー、トリートメント……いろいろな要素が絶妙なバランスで成り立っているこのスタイルは、一段上の女性になりたい方におすすめです。」

このスタイルを紹介してくれたスタイリスト

SENSE beauty salon
鈴木 梨穂さん(トップスタイリスト/スキンケアアドバイザー)
Instagram:@sense.beauty.salon

鈴木 梨穂(スズキリホ)  さん

透けバングショート

顔の印象を左右する前髪は女性にとって大切なパーツの1つ。また、流行も大きく変わるため、いつまでも同じスタイルでいると時代に取り残されてしまうかも……。

薄めバングはここ最近圧倒的人気の前髪スタイルです。「うざバング」など目にかかる程度の長さでボリュームを少なくするアレンジも流行りましたが、2021年は新しい生活様式に必須のマスクを考慮したカットにすることがポイントになりそうです。

松本さんおすすめポイント

「マスクをつけての生活が主流となる中で、どうしても顔まわりが重い印象になってしまうことも増える と思います。ヘアスタイルでのアプローチとして前髪に隙間をつくりサイドに繋がるような流れをつくることで、より明るくスッキリとした印象に導きます。」

スタイリングのポイント

「オイルを混ぜたシアバターを毛先中心につけタイトにスタイリング。前髪はつけすぎないよう最後に手に残ったスタイリング剤を馴染ませてみてください。」

このスタイルを紹介してくれたスタイリスト

alloy
松本 匡介さん
Instagram:@__k_yo

松本匡介(マツモトキョウスケ)  さん

ぱっつんワイドバング

横幅を広めにとって前髪をつくる「ワイドバング」は2020年上期からじわじわと人気が出ています。なんといっても小顔効果が絶大。薄目や少し長めにして柔らかさをキープするのもよいですが、2021年個性派スタイルを極めたいなら、眉上でぱっつんに整えるとこなれたおしゃれヘアに仕上がります。

平松さんおすすめポイント

「前髪はとても大切な場所。alloyでは個性をだしながら骨格や髪質をみながらいいバランスで調整できます。」

ゆらりバング

トレンドをつくる前髪を先に2つ紹介しましたが、長めバング派にはこちらがおすすめ。目尻にちらりとかかる長めの前髪がアンニュイな雰囲気をつくりだします。

平松さんおすすめポイント

「頬骨にかかるながめバング。ゆらりとやわらかさをだしてくれます。骨格や紙質を見て調整することで誰でも似合います。」

このスタイルを紹介してくれたスタイリスト

alloy
平松 ヨシヒロ さん
Instagram:@hirapaahair

平松ヨシヒロ(ヒラマツヨシヒロ) さん

ソフトウルフ

2020年はひそかにローレイヤーなどレイヤーカットも人気となっていましたが、ウルフカットもレイヤーカットから派生したスタイルの1つ。あいみょんさんや小松奈々さんを連想させるこのウルフカットがいまおしゃれ女子たちの間で話題に。2021年ももちろん見逃せません。

山澄さんおすすめポイント

「カットはフェイスライン(顔まわり)がより一層、表情豊かで明るくなる様にソフトウルフな感じをおすすめします。絶対的小顔効果です。しっかりとカットラインを引いたなかに毛先の束感や動きを出すことでモードな柔らかさとしなやかさを引き出します。
カラーはコントラストを出すためにナチュラルベージュのなかへさりげなくインナーカラーを入れると効果的です。」

このスタイルを紹介してくれたスタイリスト

ade omotesando
ade atelier(アデ アトリエ)梅ヶ丘
山澄 宣明(ZUMI) さん(ディレクター)
Instagram:@yamazuminobuaki_zumi

ZUMI(ズミ) さん

ウルフボブ

ade omotesandoが得意とする黒髪ショートの最新進化系。インナーに大注目のダークブルーを入れたスタイルは、つい真似したくなるデザインです。ワンランク上のおしゃれを手に入れるなら流行のよいところだけをミックスしちゃいましょう。

松澤さんおすすめポイント

「インナーカラーを、深いブルーにすることでベースの黒髪とのコントラストがオシャレに品よく仕上がります。」

このスタイルを紹介してくれたスタイリスト

ade omotesando
松澤 千里 さん(マネージャー)
Instagram:@cchi80

松澤 千里(マツザワチサト)  さん


関連する記事

【人気サロン特集】ビューティーパークアワード2021ついに決定!

コロナ禍で日本中が不況に喘いだ2020年。美容関連のサロンもまた、その影響に多くの店舗が苦しみました。しかし、感染症対策を徹底し、多くのお客様に安心して来店してもらえるよう努力と工夫を重ねて営業を続けてきたサロンも多くあります。ビューティーパークはこのような時代でも「美容」という方法で多くの方々を幸せにしてくれた全国の美容サロンに敬意を表すとともに、その中でもビューティーパーク上で多くの支持を集めたサロンへ「ビューティーパークアワード」を贈ります。
名店まとめ

韓国好きなら知っていて当然!根本だけのパーマ【プリカール】でふんわりシルエット

いまや日本のおしゃれ女子たちが、常に目を光らせてトレンドをチェックする韓国の美容情報。オルチャンバングやタンバリモル、最近人気のハッシュカット(ウルフカット)など、ヘアスタイルにまつわるトレンド情報も日々アップデートされています。そのなかでもいま、大注目されているのが「プリカール」と呼ばれる根元だけのパーマ。今回はそのプリカールについてご紹介します。
トレンド情報局

【東京都代官山周辺】カラーがおすすめの美容室5選

髪の毛のカラーはあなたの印象や雰囲気を左右するので、その評価は美容室選びに欠かせないポイント。折角なりたいイメージを見つけても仕上がりが思っていたカラーじゃない!なんて経験はありませんか?今回は「T」で埋め尽くされた白い壁が特徴の蔦屋書店など、ハイセンスな建物やショップが立ち並び、デートにも人気のおしゃれタウン「代官山」周辺でカラーがおすすめの美容室をご紹介します。
名店まとめ

今「ウルフ」が熱い!最新進化系ウルフへアの魅力とおすすめデザイン5選

ウルフカットとはその名の通り、オオカミのたてがみを思わせる短めのトップと、首元の毛流れを連想させる長めに残した襟足が特徴的なヘアスタイルで、70年代にミュージシャンやモデルなどが取り入れたことから人気が広がりました。そのウルフカットが今、おしゃれ女子を中心にリバイバルしているのを知っていましたか?今回は進化系の「ネオウルフ」にスポットを当ててご紹介します。
トレンド情報局

【成人式におすすめの髪型】晴れの日を彩るこなれアレンジ特集

一生に一度の晴れの日である成人式。当日身にまとう振袖やドレスを決めたなら、ヘアアレンジ、髪飾り、メイクもしっかりイメージを固めて入念に準備をしておきたいですよね。今回はショート、ミディアム、ロングのレングス別に定番のアレンジからまわりに一目置かれるこなれスタイルまでたっぷりご紹介します。
トレンド情報局

この記事のキーワード