ひみつのビューティーパーク

Beauty Park Japan

2021年11月2日 更新

【2021年最新】うなじ脱毛におすすめの脱毛サロンサロン6選|人気のデザインやメリット・デメリットもあわせて解説

<メタディスクリプション> うなじの脱毛におすすめの脱毛サロン7つをご紹介します。うなじの脱毛で施術できる範囲や人気の脱毛デザインなども解説。さらに、脱毛サロンのメリットやデメリット、自己処理の方法と注意点をまとめました。記事を読むことで、うなじ脱毛におすすめの脱毛サロンや自己処理の方法が理解できます。

「うなじにおすすめの脱毛サロンを知りたい」「初めての脱毛なので失敗したくない」
と悩んでいる方が多いでしょう。脱毛業界の多様化・プランの細分化により、脱毛サロンの数も把握しきれないほど増えているため、どの脱毛サロンを選ぶとよいのか分からない方が多いかもしれません。

今回は、うなじ脱毛におすすめの脱毛サロン6つをご紹介。気になるプランや料金形態などをまとめて解説します。脱毛サロンの選び方もあわせて解説するので、早急に通いたい方はぜひ参考にしてください。

うなじ脱毛は脱毛サロンで受けるべき!その理由は?

うなじのように目で確認できない部分は、処理が非常に難しい部位です。鏡を見て自己処理することも可能ですが、肌を傷つけてしまったり完全に脱毛できなかったりする場合もあります。

クリニックの脱毛と異なり、脱毛サロンなら光脱毛により痛みを抑えながら発毛後退も期待できる施術を行ってくれるので安心です。

周期で生え変わるムダ毛の特性を熟知した定期処理を続ければ、理想のうなじを手に入れることも可能に。

その他、多くの脱毛サロンでは、肌をいたわるためのアフターサポートもついています。
保湿成分・美容成分を考慮したミストやジェルが使用されるので、脱毛と同時に美肌ケアもしっかりと行ってくれます。

うなじのみの部分脱毛でも、アフターケアの安心プランが充実した光脱毛を行っている脱毛サロンがおすすめです。

うなじのみも可!うなじ脱毛におすすめの脱毛サロン6選

ここでは、部分脱毛でうなじのみを処理したい方におすすめの脱毛サロンを6つ厳選しました。

施術当日になって、脱毛が不可能だと判断されるケースも多いので、ここでは無料カウンセリングを実施していて評価の高いサロンを中心に紹介します。

うなじ脱毛におすすめの脱毛サロンは以下のとおりです。
サロン名 店舗 料金目安
ストラッシュ 全国48店舗 ・部分脱毛(うなじ):12回35,211円(税込)
・全身脱毛:月額4,400円(税込)〜
ミュゼプラチナム 全国176店舗 ・部分脱毛(うなじ):2回10,500円(税込)〜
・全身脱毛:月額6,100円(税込)〜
ラココ 全国81店舗 ・部分脱毛(うなじ):1回3,300円(税込)
・全身脱毛:月額3,300円(税込)
ディオーネ 全国120店舗 ・部分脱毛(うなじ):1回2,750円(税込)〜
・全身脱毛:1回18,150円(税込)〜
エピレ 全国12店舗 ・部分脱毛(うなじ):1回6,600円(税込)〜
・全身脱毛:1回77,000円(税込)〜
脱毛ラボ 全国53店舗 ・部分脱毛(うなじ):1回3,300円(税込)〜
・全身脱毛:404,954円(税込)
脱毛サロンでは、無料カウンセリングサービスを行っています。うなじのみの脱毛をお考えの場合も、まずは無料カウンセリングで悩みを相談してみるのがおすすめです。

下記では、うなじ脱毛におすすめの脱毛サロン7社について細かく紹介しています。脱毛サロンを選ぶときの参考にご覧ください。

①ストラッシュ

引用元:ストラッシュ公式HP

最短6ヶ月で全身脱毛ができるストラッシュの特徴は以下のとおりです。

・日焼け肌もOKな最新の「SHR脱毛」と、黒ずみのケアなどが可能な「IPS脱毛」を採用
・安心プランで予約が取りやすい
・6年連続で医療関係者が選ぶ「脱毛サロンNo.1」の圧倒的な脱毛効果が実感できる
脱毛コース 内容 料金
部分脱毛Sパーツ(12回) 全身17箇所(顔&VIO含む) 35,211円(税込)
部分脱毛Lパーツ(18回) 全身9箇所(顔&VIO含まない) 105,633円(税込)
全身脱毛プラン(月額制) 全身61箇所(顔&VIO含む)いつでも辞められる 月額4,4000円(税込)
うなじの脱毛は「部分脱毛Sパーツ」に含まれています。右うなじ・左うなじとそれぞれのパーツごとの脱毛を選ぶことが可能です。

ストラッシュでは友達や家族と一緒に契約可能な「ペア割」、他のサロンからの乗り換えで適用される「リベンジ割」のお得な割引プランがあります。

②ミュゼプラチナム

引用元:ミュゼプラチナム公式HP

総合的なユーザー満足度が高く、100円キャンペーンなどで気軽に脱毛をスタートできるミュゼプラチナムの特徴は下記のとおりです。

・コスパ・通いやすさ・高速脱毛機・予約の取りやすさなどのユーザー満足度No.1
・脱毛に特化したシンプルプランとスピーディーな施術で低価格を実現
・会員数400万人の安心・安全の実績
脱毛コース 内容 料金
フリーセレクト Sパーツコース 手指・うなじなど全13ヶ所 10,500円(税込)〜
フリーセレクト Lパーツコース 腕・脚など全9ヶ所 10,500円(税込)〜
全身脱毛コース(月額) ・バリューコース
・ライトコース
・全身脱毛コース
・月額6,100円(税込)〜
・月額7,500円(税込)〜
・月額10,000円(税込)〜
うなじの脱毛は「フリーセレクトSパーツコース」に含まれています。

③ラココ

引用元:ラココ公式HP

リーズナブルな価格帯・施術期間の短さが魅力的なラココの主な特徴は下記のとおりです。

・業界1位の最先端脱毛機器を使用したメーカー直営による「低価格・高品質」
・1回の全身脱毛も最短30分の安心スピード施術
・ラココ独自の予約管理と、施術スピードにより予約が取りやすくてノンストレス
脱毛コース 内容 料金
部分脱毛Sパーツコース フェイスライン、うなじなど全31ヶ所、1ヶ所につき1回 3,300円(税込)〜
部分脱毛Lパーツコース 背中、ヒップなど全20ヶ所、1ヶ所につき1回 5,500円(税込)〜
全身脱毛月額コース ・顔、VIO含む全51箇所
・最短6ヶ月で脱毛卒業
・月額3,300円(税込)
・初月0円
うなじの脱毛は「部分脱毛Sパーツコース」に含まれています。
(パーツ別コース詳細)

部分脱毛は全51ヶ所から自分の気になる部分を選び、1ヶ所につき3,300円(税込)からの脱毛が可能です。

④ディオーネ

引用元:ディオーネ公式HP

今年で創業10周年目を迎える、肌満足度にこだわり続けてきたディオーネの魅力は下記のとおりです。

・日焼け肌や敏感肌などのトラブル肌でも諦めない施術で仕上がり満足度No.1
・お手入れに高熱を使用しない、痛くない脱毛施術が強み
・敏感肌でもOK、脱毛しながら美肌も目指せるなどの7つの特徴を活かした施術
脱毛コース 内容 料金
アッパーボディコースSパーツ 襟足、首(前面)、背中など1回あたり 2,200円(税込)〜
アンダーボディコースLパーツ VIO、腰など1回あたり 2,200円(税込)〜
全身脱毛月額コース 顔を除く首から下の全ての部位1回あたり 33,000円(税込)〜
うなじの脱毛は「アッパーボディコースSパーツ」に含まれています。

⑤エピレ

引用元:エピレ公式HP

口コミなど、お客様の声から誕生した脱毛サロンとして有名なエピレの特徴は以下のとおりです。

・定期通いすることが多い脱毛サロンで重要視される「通いやすさ」が自慢
・安心して依頼できる「安心でわかりやすい料金形態」が魅力的
・脱毛施術をお得に受けることができる特典キャンペーンが豊富
脱毛コース 内容 料金
チョイスプランSパーツ ・両ワキ、両ヒザなど全12ヶ所
・2回目以上からの選択
6,600円(税込)〜
チョイスプランLパーツ 後ろ首、フェイスラインなど全12ヶ所 6,600円(税込)〜
全身プラン 全24ヶ所、1回分 77,000円(税込)〜
うなじの脱毛は「チョイスプランLパーツ」に含まれています。

エステティックTBCがプロデュースしている脱毛サロンなので、低価格・高品質が強みのエピレ。全身脱毛などのプランも豊富です。

⑥脱毛ラボ

引用元:脱毛ラボ公式HP

イメージモデルで藤田ニコルさんを起用するなど、若い世代の女性でも通いやすい脱毛サロンを目指す脱毛ラボの特徴は以下の内容です。

・全身脱毛2ヶ月分無料のリーズナブルプランを充実させて若い世代にも優しい
・希望の日時での予約が取りやすくて施術時間もスピード対応
・営業時間は22時まで対応しているので仕事終わりでも通いやすい
脱毛コース 内容 料金
1回単発Sパーツプラン 両脇、あご周りなど 2,200円(税込)
1回単発Mパーツプラン うなじ、VIOなど 3,300円(税込)
1回単発Lパーツプラン お腹、両胸など 4,400円(税込)
うなじの脱毛は「1回単発Mパーツプラン」に含まれています。

脱毛ラボでは無料カウンセリングを実施している他に、全身脱毛54ヶ所が2ヶ月分無料になるお得キャンペーンを実施中です。

うなじ脱毛はどこまでできる?脱毛サロンで施術OKな部分

うなじ脱毛の範囲は、基本的にうしろ首の部分・襟足の生え際〜首の付け根部分の範囲を指します。

一般的なうなじに該当する範囲は、サロンごとに大きな違いはありませんが、施術時に襟足生え際部分のうなじを「髪の毛」だと判断するサロンもあります。

また、料金プランの脱毛部位に「うなじ」と細かく表示しているサロンもありますが、「襟足・うしろ首」と表示しているサロンも見受けられるので注意が必要です。

髪の毛は他の毛に比べて色が濃く、レーザー脱毛機が黒色に強く反応して肌まで傷つけてしまう恐れがあります。脱毛サロンで髪の毛だと判断されると、断られる可能性もあることを覚えておきましょう。

うしろ首の部分・襟足の生え際はどこまで脱毛できるのか、事前のカウンセリングで確認するのが確実です。

人気のうなじ脱毛デザインは?

うなじには主に4種類のタイプがあります。

・W型:ナチュラルな形のうなじ
・MW型:キレイな形が特徴的なタイプ
・U型:柔らかな印象を与える形
・直線型:スッキリとしたシンプルなデザイン

中でも1番人気のデザインが「W型」です。W型は女性的なラインがとても美しく、もっともナチュラルに仕上がる人気のデザインです。日本人に多いうなじの形がW型のため、自然で柔らかな仕上がりになり女性らしさを引き立ててくれます。

2番目に人気のデザインは「U型」デザイン。センターラインを長めに残してアーチ型にデザインすることにより、なめらかでナチュラルな印象を与えくれます。若々しい雰囲気に仕上げたい方におすすめのデザインです。

3番人気は「MW型」のデザインです。MW型は京都の舞妓さんに見られるデザインで、美しい見た目が特徴的。3番人気ですが、ナチュラルな状態で首を細長く見せてくれて、見た目もとても美しい理想的なうなじのデザインです。

最後は「直線型」デザイン。シンプルで清潔感のあるデザインですが、直線的なラインは髪型次第では不自然に仕上がってしまう場合もあるので、整えすぎないように適度なラインに仕上げるのが無難です。

うなじを脱毛するメリット

うなじのムダ毛は定期的に生え変わります。特にうなじは露出する頻度が多くて人目につきやすい部位です。そのまま放置しておくと、残暑が厳しい季節も多くの人に見られる可能性があるので油断できません。

ですが、きれいに脱毛することで他人の視線を気にせず、ストレスなく好きな服を着ることができます。下記では、具体的に綺麗に脱毛するメリットを紹介します。

難しい自己処理が不要になる

脱毛サロンなどでしっかりと処理すれば、ムダ毛が生えずに美しいうなじをキープできます。うなじは自分の目で見ることができない部位なので自己処理がとても難しく、無理に自分で処理しようとすると肌を傷つけてしまう危険性もあります。

ですが、自己処理で肌を傷つけてしまう可能性があるからといって、放置しておくわけにもいきません。ましてやうなじは背中よりも露出度が高い部分です。

目視できない部分まで手入れが行き届いた人を見るととても魅力的に感じるので、うなじの脱毛はおすすめです。

清潔に保てる

男女問わず美容院でヘアーカットしてすぐの状態は、襟足やもみあげなどがきれいに手入れされて見ていて清潔感があります。

うなじも同じで、手入れがされている状態の人は爽やかさが増すだけでなく、ムダ毛に汗や皮脂などの汚れが付着することがないので、清潔な状態をキープできます。

見た目をきれいに保つだけでなく、汗や皮脂などの衛生面からも守ることにより、ダブルの効果で清潔感を維持できるでしょう。

バックスタイルがすっきりと綺麗になる

残暑が厳しい暑い時期はヘアアップスタイルにしたくても、バックスタイルが気になってできない人が多くいます。

ですが、うなじを処理すると自分のバックスタイルに自信が持てて、大胆なヘアアレジにチャレンジしたり、新しいスタイルに挑戦したりできるでしょう。

そのほか、お祭りや結婚式での和装がバッチリ決まったり、ドレスアップでうなじを気にすることなくヘアアップスタイルにできるなど、新しい自分との出会いが多く待っています。

うなじを脱毛するデメリット

うなじ脱毛のメリットには多くの魅力がありますが、デメリットも存在します。自己処理であれば自宅で脱毛できますが、きれいに脱毛するためには脱毛サロンに通わなければいけません。

そのほかに脱毛のデメリットには、効果を実感するまでの脱毛回数が多い点や、うなじの生え際を髪の毛と判断されたら脱毛できない点があります。

下記では、脱毛回数がかかる点と髪の毛と判断される点について詳しく解説します。

効果を実感するまでに脱毛回数がかかる

身体のムダ毛は定期的に生え変わるため、脱毛サロンに適度に通って施術を受けなければなりません。一般的に、うなじのムダ毛が生え変わる周期(毛周期)を考慮して、1〜3ヶ月ほどの間隔を空けて脱毛が行われます。

効果的な正しい処理は脱毛回数が増えてしまいますが、発育後退の対策も同時に行えるサロンなら、今後の脱毛処理の手間を省くことが可能です。

また、「脱毛ラボ」や「ストラッシュ」で使用している脱毛機は、定期的に生え変る部分にアプローチする、うなじ脱毛に適した道具を使用しています。

うなじ脱毛は時間がかかってしまうのでサロン脱毛を希望する場合は、仕事終わりや休日でも通いやすいサロンを選ぶようにしましょう。

髪の毛と判断されたら脱毛できない

多くの脱毛サロンでは、襟足生え際のムダ毛の脱毛は施術可能ですが、脱毛サロン側から「おくれ毛などの髪の毛に該当する」と判断された場合は脱毛できません。

理由は、黒色に反応する光脱毛で施術する場合に髪の毛に強く反応して肌を傷つけてしまう恐れがあるからです。

事前の無料カウンセリングを行なっている脱毛サロンも多いので、うなじ脱毛の詳しい範囲や、施術前の注意事項などを確認すると脱毛施術もスムーズです。

自宅でうなじ脱毛しても大丈夫?自己処理の方法と注意点

自宅でうなじ脱毛する場合は、いくつか注意点があります。注意点を守らなければ、効果が下がったり、肌を傷つけてしまう可能性も。

ここでは、自宅でうなじ脱毛するときのよく使われる除毛クリーム、家庭用脱毛器、シェービングの注意点について詳しく解説します。

脱毛サロンに通えない、または早急に処理が必要な人はぜひ参考にしてみてください。

除毛クリーム

除毛クリームは、毛を溶かす強い成分をクリームに配合させ、気になる部位に塗りつけてムダ毛を処理する方法です。そのため敏感肌の人は、除毛クリームの使用後に痒みや痛みを伴う可能性があります。

また、脱毛部位にクリームを塗るときに伸ばしすぎてしまうと、仕上げがまだらになったり、残す予定だった毛まで処理してしまったりすることも。

自宅でうなじのムダ毛を自己処理する場合は、三面鏡などを使用して視界を十分に確保することをおすすめします。

家庭用脱毛器

家庭用脱毛器を使用するときは、多少値段が張っても高出力・高性能な脱毛効果の高い器具を選ぶことを意識してください。低価格帯の脱毛器を購入すると、瞬時に効果を感じても多くの場合で脱毛前の状態に戻ってしまう可能性があります。

操作性に優れたハンドピース一体型のハンディタイプ器具は、うなじなどの慎重な処理が求められる部位の処理でも安心です。軽い器具であれば、操作性も高くて脱毛器の誤照射を防げます。

うなじの脱毛に加えて別の部位も脱毛したい場合は、1ショットコストの安い器具を選ぶようにしましょう。1ショットコストの高い脱毛器を選んでしまうと、本体買い換えサイクルが短くなったり、カートリッジ交換を頻繁に行ったりする必要がでてきます。

シェービング

早急にうなじのムダ毛を処理したい場合は、電気シェーバーがおすすめです。シェービングでうなじを脱毛するときには、三面鏡などを用意して十分に視界を確保してから行いましょう。

慣れていない人が感覚で処理してしまうと、思わぬ部分まで処理してしまう可能性もあります。少しずつ様子を見ながら処理を行なってください。

なおシェービングは、肌の表面に生えている毛をカットする処理方法なので、処理後に毛の根元が黒く目立つ可能性も。自己処理によるうなじ脱毛のデメリットをしっかりと把握した上で、最終判断は自己責任で慎重に行いましょう。

まとめ

ヘアアップした時のバックスタイルが気になる方のために、うなじ脱毛でおすすめの7つのサロンを紹介しました。どのサロンでも無料カウンセリングを行なっているので、施術前の不安や悩みを解消した状態で脱毛できます。

安心して確実にうなじの脱毛をしたいなら、無料カウンセリングなども行なっているエピレがおすすめです。専門知識を持ったスタッフが最新技術できれいに仕上げてくれます。衛生面も向上し、日々のお手入れに割いていた時間を別の時間に使うこともできます。

自分にぴったりの脱毛サロンを見つけて、自信の持てる美しい後ろ姿を手に入れてください。

関連する記事