ひみつのビューティーパーク

Beauty Park Japan

2022年7月16日 更新

「フェムテック」「フェムケア」とは? サロンケアでQOLアップ!

最近、話題沸騰中の「フェムテック」や「フェムケア」。 言葉自体を耳にする機会は増えたもののよくわかっていないという方もいるのではないでしょうか。 そこでフェムテック・フェムケアの意味や効果、フェムケアが受けられるエステサロンを紹介していきます。

フェムテック・フェムケアとは

FemTech(フェムテック)とは、Female(女性)とTechnology(テクノロジー)を合わせた造語です。 月経、妊娠、出産など女性ならではの健康課題をテクノロジーで解決する製品やサービスを指しています。 FemCare(フェムケア)もフェムテックと同様、FemaleとCare(ケア)からなる造語です。フェムテックとはっきりとした違いがあるわけではありませんが、テクノロジーではないケア製品やサービスが「フェムケア」と呼ばれています。

2018年のアメリカのとある調査によると、フェムテックの市場規模は2025年までに5兆円規模になると予測されており、いま注目の分野といえるでしょう。

フェムテック・フェムケアが注目されているワケ

フェムテックやフェムケアが注目されている理由としてSDGs(Sustainable Development Goals:持続可能な開発目標)の普及があげられます。 SDGsは2030年までの世界規模の目標であり、貧困などの格差、気候変動や食料問題など 人類が抱える課題を解決し、持続可能なよりよい地球を目指すことを目的としています。

SDGsの目標のひとつ「5.ジェンダー平等を実現しよう」がフェムテック・フェムケアに大きく関わってきます。 これまで人に話すことをタブー視されてきた女性のセクシャルやライフイベントの課題を公にし、取り組むことが社会に求められてきたのです。

女性が直面する課題は、何も女性だけの話ではありません。これらを共有し、助け合うことで社会の価値につながるとされているからこそ、フェムテックに企業だけでなく、政府も力を入れているのでしょう。

フェムテック・フェムケアの効果

月経や更年期障害、妊娠など、成長やライフイベントによっておこる女性ならではの健康課題はホルモンの影響を受けています。 女性ホルモンの変動が月経やPMSや生理痛など心身の変化を引き起こし、閉経前後にはエストロゲンの分泌が減少することで、更年期障害を起こすこともあります。

このようなときにフェムテックサービスやフェムケア商品を使用することにより、生理時や更年期の不快を軽減したり、妊娠を望む方へのサポートをしたりする効果が得られるでしょう。

ここで気をつけたいのが、フェムテックもフェムケアも’’あくまでサポートする‘’だけということです。 医療ではないため、日々の生活をちょっと楽にすること、自分の気持ちや不調を軽くすることに活用し、QOLのアップにつなげましょう。

24 件

関連する記事

【大阪府】おすすめの穴場プライベートサロン3選 エステ版

プライベートな時間をゆっくり過ごしたい、仕事帰りにフラッと立ち寄れるサロンを見つけたい方必見。今回は、エリアを【大阪】にしぼり、おすすめのプライベートサロンを3店舗ご紹介します。最新マシンを使用したバストケアやフェイシャルメニューなどサロン独自の施術が盛りだくさん! それぞれのライフスタイルに合わせた夏時期大人気の脱毛メニューもあります。気になるサロンや施術メニューがあれば、ぜひ体験してみてください。
ほくほく | 45 view
大阪府|エステサロン

【管理栄養士監修】夏こそ温活で冷え対策!夏冷えに負けないデイリーケア

過去最も早く梅雨明けする地域が続出。6月から異例の猛暑が続き、夏バテしていませんか? 夏バテといえば暑さによって体力を消耗し、食欲が落ちてぐったりするイメージがありますが、意外と「冷え」から不調になっていることもあります。 冷え症に悩む女性は多いですが、冬だけ対策すれば大丈夫と思っていませんか? 冷えやすい女性は、実は夏こそ「温活」が必要かも?! 暑い夏だからこそ、冷えすぎた身体を温めてあげましょう!
美容と健康

【東京都】おすすめの穴場プライベートサロン3選 エステ版

今回は、都内屈指のプライベートエステサロンを3店舗ご紹介します。落ち着いた空間でリフレッシュしたい方、誰も知らない隠れ家のようなサロンに行きたいけどなかなか見つけられない方におすすめです。各サロンがこだわりをもって提供する身体の悩みや体質に合わせた施術メニューをぜひ体験してみてください。
ほくほく | 70 view
東京都|エステサロン

痩身効果がすごい!キャビテーションとハイフならどっちがいい?

本当に痩せるエステとして注目を集めているキャビテーションとハイフ(HIFU)。どちらも導入サロンが多く人気な分、キャビテーションを選ぶべきか、それともハイフを選ぶべきかで迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。そこで今回の記事では、それぞれにどんな効果があるのか、副作用はないのかなど、2つの特徴を徹底的に解説します!
ボディケア

キッズ脱毛は何歳から?始める前に知っておきたい危険なリスク

脱毛が一般化してきた現在、子どもに脱毛を受けさせようと考える保護者の方が増えています。確かに子どものうちから始めた方が脱毛効果は高いといわれていますが、そこには危険も潜んでいるのです。この記事では、実際にあったトラブル事例をもとに、キッズ脱毛で起こり得る危険や安全な脱毛サロンの選び方をご紹介します。
脱毛

この記事のキーワード