ひみつのビューティーパーク

Beauty Park Japan

2022年6月24日 更新

【2022年トレンド】透明感たっぷりの暗髪になれるおすすめカラー

2022年はナチュラルな美しさを引き出せる「透明感」あふれる暗髪が大人気。派手すぎず重すぎないので、どんなシーンにも合わせやすいのが特徴です。きちんと感や大人っぽい落ち着きを出したいときにもぴったり。今回は、そんな暗髪をつくる人気のヘアカラーをご紹介します。

暗髪とは?

暗髪とは、その名の通り暗色を使ったヘアカラーのことで、読み方は「くらかみ」です。多くの日本人が本来もっている黒髪ほど重たくならず茶髪ほど派手にならないので、年代を問わず楽しめます。髪の毛に自然な艶と透明感を与え、表情を明るく見せてくれるのがポイント。冠婚葬祭やビジネスシーンにも馴染むカラーなので、暗髪はオトナ女子からも人気を集めています。

たっぷりの艶と透明感、それにほんのり深みをプラスしてくれる暗髪は、「黒髪のままだとなんだか野暮ったく見える……」「垢抜けて見せたいけれど、髪色をガラッと変えるのには抵抗がある……」というカラー初心者さんにもおすすめです。

モード系で旬を先取り ブルーブラック

ブルーブラック

通常の黒髪にほんのりブルーをミックスすることによって、抜群の透明感を手に入れることができる「ブルーブラック」。一見するとただの黒髪に見えますが、このカラーは光に当たったとき、その真価を発揮します。日本人に特徴的な赤みをしっかり抑え、寒色系の色味を加えると、日の光に透ける外国人風ヘアを手に入れることができるのです。

ブルーのカラーだけでも充分ですが、ベースにブリーチを仕込むと青みがはっきり際立ちます。また、色落ちするときもグレーがかった濃紺に変化していくため、長い期間透明感のある髪色を楽しめるでしょう。

ナチュラル女子におすすめ ダークアッシュ

ダークトーンアッシュ

ここ数年、圧倒的な人気を集めているアッシュ系カラーはダークトーンでも楽しむことができます。その透明感はさることながら、ショートからロング、パーマからストレートまでどんなヘアスタイルにもマッチする点が魅力のひとつ。ほんのりとグレーに色づくため、「色素薄い系」を演出することができるのもうれしいポイントです。

グレー系のカラーはブリーチしなくてもきれいに色が入るため、「カラーで髪の毛を傷めたくない!」というナチュラル志向の方におすすめです。

個性派おしゃれカラー オリーブグレージュ

オリーブグレージュ

33 件

関連する記事

いま注目の訪問カットとは?料金やサービス内容を簡単に解説

QOL(クオリティ・オブ・ライフ)への意識が高まってきたことで、近年は美容分野でも福祉の充実が求められています。しかし、訪問カットができる美容室は少ないこともあり、料金相場やサービス内容については詳しく知られていません。そんな謎に包まれた訪問カットについて、この記事では分かりやすく説明していきます。
トレンド情報

スーツでキメる成人式!男子におすすめのメンズヘアスタイル10選

まもなく成人式。女性の場合は振袖を着ることが多いのに対し、男性は袴よりもスーツで参加することが多いと思います。そこで、成人式の一張羅にふさわしいおすすめの髪型をピックアップしました。 もちろんスーツだけでなく袴に似合うものもあるので、ぜひ晴れの日に備えて今回紹介する10パターンの髪型を参考にしてみてください。
久保井美愛 | 2,644 view
トレンド情報

【東京都】セルフホワイトニングができるおすすめのサロン特集

輝く白い歯は誰もが憧れるもの。セルフホワイトニングなら白い歯が簡単に安く手に入ります。歯を削る歯医者のホワイトニングとは違い、痛みもありません。あなたの笑顔を輝かせる東京都内のセルフホワイトニングサロンをご紹介。ぜひお近くのサロンで白い歯を手に入れてください。
トレンド情報

【大阪府】初めてでも失敗しない!大阪でおすすめの人気美容室5選

このコラムでは、大阪で人気の高い5店舗を厳選してご紹介します。新しい美容室へ行きたい方、自分に一番似合う髪型になりたい方におすすめです。髪や顔周りに関するお悩みは、髪質や骨格を意識したカットで解決できます。本当に自分に合う美容室を見つけ、理想のスタイルを手に入れてください。
久保井美愛 | 1,437 view
大阪府|ヘアサロン

アシンメトリーとは?人気カタログに見る真似したいヘアスタイル12選

アシンメトリー (asymmetry)とは、左右非対称を意味する英語由来の言葉です。髪の長さやカラー、スタイルが左右で異なるデザインに使われています。ヘアスタイルのほか、ファッションにおいてもよく用いられており、略して「アシメ」と呼ばれることも。絶妙なアンバランスさが独特の雰囲気を醸し出すスタイルです。 それでは早速、さまざまなアシンメトリーをご紹介します。
トレンド情報

この記事のキーワード