よく聞くクーパー靭帯とはどの部分?早めのケアで美しい形のバストがキープ出来る!

まだバストが垂れた感じはしないけれど、激しい運動などで切れたらどうしよう…。
早めのケアといっても今までしたことないし、年齢も年齢だからもう遅いかな?

早めのケアが大切とはよく聞きますが、実際は気付いた時点で構いません。

クーパー靭帯は切れてからケアしても自然治癒はしてくれないため、早めのケアが大切といわれているのです。

この記事では、バスト関連でよく聞くクーパー靭帯についてやおすすめのナイトブラなどを紹介していきます。

この記事の概要
  • クーパー靭帯は重力が天敵
  • 就寝時は必ずナイトブラ着用
  • 適度な運動を心がける
  • クーパー靭帯は切れたら修復不可
TOC

クーパー靭帯とは?

クーパー靭帯

いつまでも美しくハリのあるバストでいたいという想いは、女性ならではの願望です。

ですが年齢を重ねていき、日々のライフステージによってバストは変化していくのは避けられません。

バストを正しくケアするためには、一体どうしたらよいのでしょうか。

まずはクーパー靭帯の基本的な知識から知っていきましょう。

クーパー靭帯の特徴

バストのほとんどは、脂肪で出来ています。

その脂肪を支えるのがクーパー靭帯で、主にコラーゲンで生成されております。

クーパー靱帯の役割は、バストを支えることです。バストの構造はろっ骨を覆う形で大胸筋が広がり、その上に乳腺や脂肪組織や皮膚といった要素で構成される乳房があります。

肋骨や大胸筋の土台と乳房をつないでいる束上の組織がクーパー靱帯です。主にコラーゲンで構成され、伸縮性はあまりありません。

(出典)バストのハリに関連するクーパー靭帯とは?|東京美容外科

自分が思っている以上にクーパー靭帯はとてもデリケートで、常に伸びたり切れたりしてしまうリスクと隣り合わせで生活をしているのです。

クーパー靭帯が切れたり伸びたりする原因

クーパー靭帯が切れたり伸びたりする原因としては、主に以下が挙げられます。

クーパー靭帯が切れたり伸びたりする原因
  • 姿勢の悪さ
  • 加齢
  • サイズが合っていないブラを着用
  • 長期間同じブラを使い続ける
  • 運動後のバストケア不足
  • ノーブラで寝ている

それぞれチェックしていきましょう。

姿勢の悪さ

普段から姿勢が前かがみになっているなど、とにかく姿勢が悪いとクーパー靭帯に負担がかかります。

前かがみの姿勢は、ろっ骨を覆っている大胸筋の土台による支えがない状態です。

そのためクーパー靭帯だけでバストを支えている状況が生まれ、切れたり伸びたりしてしまう原因の1つとされています。

改善策としては後ほど詳しく紹介していきますが、意識して姿勢を正していくことが大切です。

加齢

体内の組織は、加齢と共に衰えていくものです。

当然クーパー靭帯も例外ではなく、長年バストを支えてきたものだからこそ負荷がかかって切れたり伸びたりしてしまう原因の1つとして挙げられます。

ただし、年齢が20代であっても生活状況によってはクーパー靭帯が伸びるなどでバストが垂れてしまう可能性も考えられます。

10代または20代であっても、リスクは常に隣り合わせだということを覚えておきましょう。

サイズが合っていないブラを着用

サイズが合っていない、またはブラを正しく着用していないなどの原因でもクーパー靭帯に負荷をかける原因となります。

特にブラのサイズが合っていないものを着用し続けていると、バストとブラの間に隙間が出来たり逆にキツ過ぎたりするとバストが変形してしまう恐れがあります。

バストが揺れやすい状況は肩こりの原因にもなるので、正しいバストケアをするならサイズの合ったブラの着用が必須です。

長期間同じブラを使い続ける

ブラの買い替え頻度は半年~1年毎が推奨されており、「少し形が崩れてきた」「ワイヤー部分が歪んできた」などを感じたらその都度買い替えるのもおすすめです。

「半年に1回」という人が最も多い40%、続いて「1年に1回」が27%という結果に。
「その他」には「1ヶ月に1回は必ず」というコメントや、「2年どころか3年、4年と使っています」という声が。
かなり個人差があるようです。

(出典)正解が知りたい!ブラの「買い替えどき」と「捨てかた」|ワコール公式通販

運動後のバストケア不足

運動する際は、必ずスポーツブラまたはナイトブラを着用してください。

ノーブラで運動してしまうと、バストが四方八方激しく動いてしまうためクーパー靭帯に多大なダメージを与えます。

ヨガなどの軽い運動であっても、必ず着用しましょう。

さらに運動後は、必ずバストケアをすることをおすすめします。

ジェルやオイルなど、摩擦を極力出さないためにも滑りのよいものを使いながら圧をかけ過ぎないように優しくマッサージしてください。

ノーブラで寝ている

ブラを着用している間はクーパー靭帯をサポートしており、ノーブラ生活が長くなればなるほどクーパー靭帯への負担が増えます。

ブラはバストを支えるためのものであって、装飾ではありません。

日中だけでなく運動や就寝時もブラをすることで、クーパー靭帯が切れたり伸びたりしてしまうことを防ぎます。

クーパー靭帯が切れたり伸びたりするとどうなる?

クーパー靭帯

これまで紹介してきた通り、クーパー靭帯が切れたり伸びたりするとバストが垂れる原因となります。

クーパー靭帯には伸縮性があまりないので、切れると修復が出来ません。

伸びてしまうだけなら美容手術などで対策の余地がありますが、日頃からケアしていればそんな心配もないのです。

クーパー靭帯を守るにはどうしたらよい?

クーパー靭帯を守るためには、以下に注意してケアして行く必要があります。

クーパー靭帯を守るための方法
  • 筋トレやマッサージを行う
  • よい姿勢を心がける
  • 就寝時はナイトブラを着用
  • 年に1回はバストを測る
  • バランスの摂れた食事をする
  • コラーゲンなどのサプリメントを服用する

それぞれチェックしていきましょう。

筋トレやマッサージを行う

激しい運動はバストが左右上下に大きく揺れ、クーパー靭帯を傷付けてしまう可能性があります。

普段あまり運動しないという方は、軽めのストレッチから始めてみることをおすすめします。

その際にスポーツブラまたはナイトブラの着用をしましょう。

運動やマッサージは、バストの土台となる大胸筋が鍛えられてクーパー靭帯の負担が減ります。

おすすめは腕立て伏せで、なるべく腕を広げてしっかと大胸筋に働きかけるイメージで行ってください。

よい姿勢を心がける

ふとした時に猫背になっていると感じる方は、要注意です。

姿勢が悪いとバストが垂れてしまう原因となるので、常に日頃からよい姿勢を心がけることが大切です。

座る時は背もたれと直角にして腰で支えるように座り、歩行時は胸を張って歩きましょう。

とにかく背筋を鍛えることで、姿勢改善しながらバストケアが可能になります。

就寝時はナイトブラを着用

締め付けが嫌でノーブラで就寝する方が多い傾向にありますが、バストが垂れてしまう大きな原因の1つとされています。

バストが横に流れて離れ乳になってしまうため、形の悪いバストが出来上がってしまうのです。

とてもシンプルな方法ですが、就寝時にナイトブラを着用するだけでクーパー靭帯のケアが可能です。

バストの天敵は重力なので、横に流れてしまうのを防ぎ正しい位置でバストを固定するためにもナイトブラの着用はおすすめします。

年に1回はバストを測る

バストにブラのサイズが合っていないものを着用し続けていると、バストが垂れたり変形したりしてしまう恐れがあります。

そのため年に1回はバストを測ることをおすすめします。

1年前に比べてバストに変化があれば、ブラの買い替え時です。

1年を迎える前に、少し形が崩れてきたりワイヤー部分が歪んできたりなどの異変を感じたらその都度買い替えるのもおすすめです。

バランスの摂れた食事をする

偏った食事は、バストだけでなく私生活にも影響が出ます。

特にタンパク質を積極的に摂るようにすることで、大胸筋が育ちやすくなります。

タンパク質の摂取はクーパー靭帯だけでなく、皮膚や爪などの大切な栄養源です。

肉や魚を中心に、大豆製品などを取り入れると効果的です。

タンパク質は、肉や魚、大豆製品などに含まれています。大豆製品は植物性で、女性ホルモンに似たイソフラボンも含んでいます。

(出典)クーパー靭帯は切れたら再生するの?クーパー線の役割や仕組みを解説!|ラブコスメ

タンパク質以外にも、肌やそれこそクーパー靭帯に弾力を与えるコラーゲンの摂取もおすすめ。

鶏の手羽先や煮魚のにこごりなどに多く含まれています。

コラーゲンなどのサプリメントを服用する

クーパー靱帯は主にコラーゲンで構成されていますが、実は経口摂取したほとんどのコラーゲンはそのまま消化されてしまうのです。

「コラーゲンは口から摂っても意味がない」という意見を耳にしたことがある方もいるかもしれません。食べ物などから摂取できるコラーゲンは、分子が大きく、消化・吸収されにくいことが難点ですが、消化・吸収しやすく低分子化したのが「コラーゲンペプチド」です。

(出典)コラーゲンとは?効果的な摂取方法やコラーゲンを含む食品について|森永ダイレクトストア

つまりほとんどのコラーゲンが、食べてもそのまま肌に蓄積されるわけではないということです。

食べても飲んでも無意味だと感じますが、不足分はサプリメントなどを併用することで補えます。

1日5g~10gを目安に、バランスの摂れた食事と共に摂取しましょう。

切れたり伸びてしまったクーパー靭帯を再生させる方法

クーパー靭帯

クーパー靭帯は、伸びたり切れたりしても痛みを伴うことはありません。

女性の多くが垂れたと感じても、垂れただけで切れたと自覚するのはかなり難しいといえます。

切れたり伸びたりしてしまったクーパー靭帯を再生させる方法としては、以下2つが挙げられます。

クーパー靭帯を守るための方法
  • 光豊胸で修復
  • バストリフトで修復

それぞれチェックしていきましょう。

光豊胸で修復

美容外科だけでなく、エステサロンでもよく使われているのがこの「光豊胸」です。

バストに効果的な光をあてるだけの施術ですので、全く痛みはありません。

誰でも施術が受けられる上に、血行やリンパの流れがよくなる効果も期待出来ます。

バスト深部の細胞も活性化するので、コラーゲンが生成されやすいという特徴も持っています。

バストにハリや弾力を与えたいという方にも、非常におすすめの施術方法です。

バストリフトで修復

エステサロンでは取り扱いがないので、バストリフトは外科的処置となります。

クーパー靭帯が伸びたり切れてしまった方はもちろん、バストの重みのせいで肩こりがつらいという方にもおすすめの施術方法です。

一度切れたクーパー靭帯は修復出来ないものの、乳頭部分を吊り上げてボリュームを出すというものです。

クーパー靭帯を守るためのおすすめナイトブラ3選

クーパー靭帯

クーパー靭帯が伸びたり切れたりする前に、手軽なバストケアとしてナイトブラの着用をおすすめします。

ここでは、クーパー靭帯を守るためのおすすめナイトブラを3つ紹介。

クーパー靭帯を守るための方法
  • くつろぎ育乳ブラ
  • PG-Bra
  • 夜寄るブラ+plus

それぞれチェックしていきましょう。

くつろぎ育乳ブラ

この投稿をInstagramで見る

 

藤野美亜(@mia.s2.gr)がシェアした投稿

商品名 価格 サイズ 素材 特徴 公式サイト
くつろぎ育乳ブラ 3,938円 A~H ・ナイロン

・ポリエステル

※カップ裏はコットン100%

・着用満足度98%超え

・着け心地最強

・着けるだけでボリュームアップ

【公式】ルルクシェルくつろぎ育乳ブラ

バストの垂れや離れを、着るだけでケアしてくれるナイトブラです。

フィット感が心地よく、大人可愛いデザインが特徴です。

カップ部分がコットン素材で作られているためムレにくいのも嬉しいポイント。

度々女性ファッション誌で取り上げられるほど人気が高く、妊娠時にも着用可能です。

\バストを美しくする/

PG-Bra

商品名 価格 サイズ 素材 特徴 公式サイト
PG-Bra 6,050円 A~I ・ナイロン

・ポリウレタン

・フロントがクロス構造

・脇の脂肪を逃さない前浅ワイヤー

【公式】PG-Bra

多くのモデルから愛されている実力派商品で、人気のバストサロンが開発したナイトブラです。

離れ乳さんでも着用した瞬間に谷間が出来て、バストの形がとても綺麗に仕上がります。

整形外科医も認めるソフトワイヤーを採用しており、20代以上の女性にもおすすめのナイトブラです。

\寄せて上げてバストケア/

夜寄るブラ+plus

商品名 価格 サイズ 素材 特徴 公式サイト
夜寄るブラ+Plus 3,080円 AA~K ・ナイロン

・ポリウレタン

・横流れしがちなバストを優しく寄せてサポート

・背中部分の縫製なし

夜寄るブラ+Plus公式サイト

活発に女性ホルモンが増えていく時間帯は、睡眠時だといわれています。

寝てる間に女性ホルモンがバストに流れるため、ボリュームが出たようなバストが期待出来ます。

その上、肩ヒモ部分が広く設計されていることから肌に食い込む心配もありません。

サイズもカラーバリエーションも豊富で、エレガントなレース調のデザインが人気です。

バスト・クーパー靭帯に関するよくある質問

クーパー靭帯

最後にバスト・クーパー靭帯に関するよくある質問を紹介していきます。

クーパー靭帯を守るための方法
  • バストが垂れ始めるのは何歳から?
  • バストは何歳で成長が止まるの?
  • クーパー靭帯が切れないようにナイトブラをしたい。何歳から着用可能?
  • クーパー靭帯が切れやすい人の特徴ってある?

それぞれチェックしていきましょう。

バストが垂れ始めるのは何歳から?

個人差はあるものの、一般的に20代頃から徐々に変化が現れます。

バストのボリュームも20代後半から落ちてくる傾向にあり、40代~50代になるとバスト全体が下向きになります。

授乳後に垂れるとの声もありますが、ノーブラで過ごす時間が長いなどでバストケアを怠っていると美しい形のバストからは遠ざかってしまうので注意が必要です。

バストは何歳で成長が止まるの?

バストの成長は初潮の1年ほど前から始まり、ほとんどの場合20歳を迎える前に成長が止まるといわれています。

胸が成長する期間は9〜14歳から13〜17歳ごろまでとなります。

(出典)胸が成長する時期・年齢はいつ?いつまで続く?|スクスクのっぽくん

ですが成長が完全に止まるというわけではなく、あくまでも女性ホルモンの分泌が成人を超えても増加することが出来れば思春期を過ぎてもバストは成長し続けます。

クーパー靭帯が切れないようにナイトブラをしたい。何歳から着用可能?

10代からでも着用は可能です。

バストケアは早ければ早いほどよいので、思春期を迎えたあたりからの着用をおすすめします。

中学に上がる前まではこれからバストが成長していく段階にあるため、大人に比べて硬く揺れにくいという特徴を持っています。

その場合はナイトブラではなく、子供用の二重キャミソールなどがおすすめです。

クーパー靭帯が切れやすい人の特徴ってある?

これまで紹介してきた通り、食事の偏りや運動不足、さらには姿勢なども関わってきます。

ノーブラで過ごす時間が長い方もクーパー靭帯が切れやすい人の特徴に当てはまっているので、注意が必要です。

ブラのサイズが合っていないのも原因の1つとされているので、本記事を参考にバストケアするなどして対策しましょう。

まとめ:日頃からバスト周りをケアして美しいバストラインをキープしよう!

クーパー靭帯

この記事のまとめ
  • クーパー靭帯は重力が天敵
  • 就寝時は必ずナイトブラ着用
  • 適度な運動を心がける
  • クーパー靭帯は切れたら修復不可

バスト関連でよく聞く、クーパー靭帯についてやおすすめのナイトブラなどを紹介してきました。

バストの中でとても重要な組織として存在しているクーパー靭帯は、1度切れると修復は不可能です。

最近バストが垂れてきたと自覚できる場合は、ある程度外科的処置で改善が見込めます。

ですがとてもデリケートな組織なので、日頃からナイトブラなどを着用してバスト周りをケアし、美しいバストラインをキープしていきましょう。

Let's share this post!
TOC
閉じる