【おすすめ9選】授乳中におすすめのナイトブラを紹介!授乳中に使えるナイトブラの選び方や注意点も解説

胸の張りが気になる

ナイトブラはいつからしても大丈夫?

授乳期を迎えると、バストの張りや変化が気になり始める方は多いようです。
産後間もない頃は子育てに追われがちですが、卒乳後も美しいバストを保つためにも、ナイトブラを早めに取り入れてはいかがでしょうか。
ナイトブラは、着用するだけでバストをケアできるため、忙しい育児中もおすすめです。
本記事では授乳中に使えるおすすめのナイトブラや、選び方・注意点を紹介します。
これから授乳期を迎える予定の方や授乳中の方は、ぜひ最後までご覧ください。

本記事の概要
  • ナイトブラを就寝時に着用することで、授乳期のバストにかかる負荷を軽くできる
  • ナイトブラを選ぶポイントは「授乳しやすいか」「バストを優しくサポートできるか」
  • 授乳期のナイトブラは「圧迫感や違和感がある時は着用しない」「清潔にする」ことを心がけよう
  • 妊娠〜産後はバストサイズが変わりやすいため、サイズが合わなくなったら買い替え時
  • メーカーが授乳期の着用を推奨していないナイトブラは避けること
TOC

授乳中もナイトブラは使える?授乳中にナイトブラがおすすめの理由を紹介

ナイトブラ授乳使える

授乳中にナイトブラを使っても大丈夫なの?

このように疑問に思う方もいるかもしれません。
実はナイトブラの中には、授乳中の着用に適しているものもあります
ただし、すべてのナイトブラが授乳中の着用に適しているわけではないため、授乳中のナイトブラ選びは注意が必要です。
まずはナイトブラが授乳中におすすめの理由を解説します。

授乳中にナイトブラを使える?

ナイトブラは授乳中も使えます。
それどころか、授乳中のバストケアにとてもおすすめです。
女性のバストは妊娠から産後にかけて著しく変化し、大きな負担がかかります。
バストは非常に繊細なため、美しくあり続けるためには負担をかけないことが大事です。
ナイトブラはバストにかかる負担を軽減してくれるため、ぜひ活用しましょう。

マタニティブラや授乳ブラとの違いは?

妊娠中や授乳期に使うブラジャーといえば、マタニティブラや授乳ブラが一般的ですね。
これらとナイトブラは、どう違うのでしょうか?
ナイトブラには、就寝時のバストを支えるという役割があります。
身体が横向きになると、バストのお肉は重力に従って脇や背中などに広がりやすくなるため、ナイトブラでお肉が流れないようにサポートします。
マタニティブラは妊娠中のバストの変化に特化したブラジャーです。
妊娠中のバストは下半分から脇へと大きくなり、妊娠前に比べると大体1〜2カップほどバストアップします。
マタニティブラはこのような妊娠特有の急激な変化に備え、バストを支えるためのものなのです。
授乳ブラは、妊娠前よりも重くなっているバストをしっかりと支える役目があります。
また、乳腺などを圧迫しないように低刺激かつ授乳しやすいデザインであることも特徴です。

ナイトブラを使うメリット

卒乳後も張りのあるバストを維持するためには、バストを支える「クーパー靭帯」が伸びたり切れたりしないようにケアすることが大切です。
しかし授乳期はバストアップし重量が増しているため、妊娠前に比べ、バストにかかる負荷は増大しがちです。
日中はもちろんのこと、就寝中のバストも例外ではありません。
ナイトブラは、就寝中の授乳期のバストをストレスから守るために必要なのです。

授乳中に使うナイトブラの選び方5つのポイント

ナイトブラ授乳ポイント

授乳期にナイトブラを着用する場合、妊娠前や卒乳後とは異なる基準で選びましょう。
授乳期に使うナイトブラを選ぶポイントは、大きく分けて「授乳しやすいか」「優しくサポートできるか」という点です。

授乳期に使用するナイトブラの選び方
  • ノンホックタイプがおすすめ
  • メーカーが授乳中も使用可能と公表しているか
  • 締め付けすぎず、ホールド力があるか
  • 伸縮性が優れているか
  • コスパはよいか

ノンホックタイプがおすすめ

ノンホックタイプは胸元の生地を伸ばすだけで授乳できるため、授乳期にベストです。
ホックが付いているタイプは、授乳のたびにホックを外さなければならず、夜中の眠気と闘いながら授乳するにはやや不便。
そのため、授乳期のナイトブラはノンホックのものがおすすめです。

メーカーが授乳中も使用可能と公表しているか

ナイトブラによっては、メーカーが授乳中の着用を推奨していないものがあります。
授乳中に適していないナイトブラを使った場合、バストに大きなストレスがかかることもあります。
口コミやインターネットの記事などの情報だけで判断するのではなく、メーカーの判断をしっかりと確認しましょう

締め付けすぎず、ホールド力があるか

締め付けが強すぎるものは、バストや乳腺の負担になる可能性があります。
ホールド力はそこそこにしておき、優しくフィットする点や着心地を重視するとよいでしょう。

伸縮性が優れているか

授乳中に使うナイトブラは、十分な伸縮性があるかどうかも重要です。
伸縮性が低い場合、バストを取り出しにくくなるためです。
赤ちゃんによっては頻繁に授乳することも考えられるため、授乳時にもたつかないためにも伸縮性がよいものを選びましょう。

コスパはよいか

赤ちゃんが生まれると何かと入り用になりますね。
我が子や家計のことを考えつつバストケアも行っていくためには、コスパのよさは欠かせません。
また、バストサイズが変化した際はナイトブラのサイズも適宜変えたほうがよいため、割り切って買い替えられる価格帯かどうかも考えましょう。

授乳中も使えるおすすめのナイトブラ9選を紹介

ナイトブラ授乳おすすめ

続いて、授乳期におすすめのナイトブラ9選を紹介します。
こちらで紹介するナイトブラは、多くの授乳中の方々から一定の評価を得ているナイトブラです。
なじみのある大手メーカーや、コストパフォーマンスに優れたものも多いため、気軽に見てくださいね。

ホールド力 着心地 デザイン性 価格(税込)
Viage(ヴィアージュ) ビューティーアップナイトブラ ★★★★★ ★★★★★ ★★★★☆ 3,278円
genie(ジニエ) ジニエブラエアー ★★★★☆ ★★★★★ ★★★☆☆ 3,300円
LuluKushel(ルルクシェル) リフティナイトブラ ★★★★☆ ★★★★☆ ★★★★★ 3,608円
WACOAL(ワコール) ナイトアップブラ ドレッシィ ★★★★☆ ★★★★☆ ★★★★☆ 4,950円
RADIANNE(ラディアンヌ) リフトアップマタニティブラ ★★★★★ ★★★★☆ ★★★★★ 2,490円
tu-hacci(ツーハッチ) ナイトブラLight ★★★★☆ ★★★★☆ ★★★★☆ 1,780円
Triump(トリンプ) スロギー ゼロ フィール ★★★☆☆ ★★★★★ ★★★☆☆ 4,840円
ブラグランデ ★★★★★ ★★★☆☆ ★★★★☆ 6,578円
GUNZE(グンゼ) キレイラボ ハーフトップ ★★★☆☆ ★★★★★ ★★★★☆ 1,980~2,200円

Viage(ヴィアージュ) ビューティーアップナイトブラ


「Viage(ヴィアージュ) ビューティーアップナイトブラ」はノンワイヤー・ノンホック・ノンレース・ノンフリルの身体に優しくフィットするナイトブラです。
全方位3D構造で背中のお肉と脇に流れたお肉をバストに寄せ、お椀型の美しいバストとふっくらとしたデコルテをキープします。
メーカーは「妊娠中・産後・授乳中もバストケアができるナイトブラ」と妊娠前後の着用もおすすめしています。

Viage(ヴィアージュ) ビューティーアップナイトブラ
サイズ展開 S、S-M、M、M-L、L、LL
素材 本体:ナイロン87%、ポリウレタン13%

脇部分:コットン100%

ブラック、パープル、ネイビー、ピンクベージュ、プラムピンク、ベージュ×ベリー、ブラック×グレー、クールグレー×グレー、モスグリーン×グレー、スイートピンク×ワイン、ウォームイエロー×グレー、ウォームグレー(2022年3月現在)
価格 3,278円(税込)

genie(ジニエ) ジニエブラエアー


「genie(ジニエ) ジニエブラエアー」は様々な体型の方が心地よいフィット感を得られるナイトブラです。
エアスルー構造により、同メーカーの従来の商品よりも通気性が約2.9倍向上しているため、肌が敏感になりがちな授乳期にぴったり。
使用シーンが幅広く、メーカーはリラックスタイムや運動時だけでなく、「マタニティ・産後の着用」もおすすめしています。

genie(ジニエ) ジニエブラエアー
サイズ展開 S、M、L、LL、3L、4L、5L、6L
素材 ナイロン90%、ポリウレタン10%
リッチブラック、ピュアホワイト、シルキーベージュ、ベイビーブルー、ベイビーピンク、フレンチラベンダー、ピーチピンク、ブルーベリー、モカベージュ、ココナッツミルク(2022年3月現在)
価格 3,300円

LuluKushel(ルルクシェル) リフティナイトブラ


「LuluKushel(ルルクシェル) リフティナイトブラ」は出産や加齢に伴うバストの悩みに応えたナイトブラ。
着け心地は楽ですが、背中や脇のお肉はしっかりとバストに集めます。
肌触りや蒸れにくさも特徴であり、背面の生地は全面メッシュで通気性が抜群です。
真夏に授乳期を迎える方々におすすめ。

LuluKushel(ルルクシェル) リフティナイトブラ
サイズ展開 SS、S、M、L、LL、3L
素材 ナイロン、ポリウレタン、その他
ブラック、ライトグレー、ウィンターブルー、ディープレッド(2022年3月現在)
価格 3,608円

WACOAL(ワコール) ナイトアップブラ ドレッシィ


「WACOAL(ワコール) ナイトアップブラ ドレッシィ」はマタニティ期のバストの変化をサポートするナイトブラです。
背中側からバストを広く包み込み、就寝時のお肉の横流れを軽減します。
授乳シーンを想定して作られているナイトブラですので、授乳のしやすさもばっちりです。

WACOAL(ワコール) ナイトアップブラ ドレッシィ
サイズ展開 M1、M2、M3、L1、L2、L3
素材 綿、ナイロン、ポリウレタン
ブラック、サーモンピンク(2022年3月現在)
価格 4,950円

RADIANNE(ラディアンヌ) リフトアップマタニティブラ


「RADIANNE(ラディアンヌ) リフトアップマタニティブラ」は日中の授乳ブラとナイトブラの機能を兼ね備えているナイトブラ。
クロスオープンタイプのため、夜中もさっと授乳できます。
フロントホックは授乳の妨げにならない位置に調整されており、バストをしっかりとホールドし、型崩れや下垂を予防します。

RADIANNE(ラディアンヌ) リフトアップマタニティブラ
サイズ展開 S、M、L、2L、3L、4L
素材
ブラック、ライトブルー、ライトピンク、ヌード、ネイビー(2022年3月現在)
価格 2,490円

tu-hacci(ツーハッチ) ナイトブラLight


「tu-hacci(ツーハッチ) ナイトブラLight」は昼夜兼用かつ産前・産後兼用という多機能ナイトブラジャー。
バックホックに加えストラップの長さが調整可能なため、自分好みの締め付け感に変えられます
カラーバリエーションはいずれもファッションに響きにくく透けにくいことにこだわっており、どんなファッションとも相性がよいです。

tu-hacci(ツーハッチ) ナイトブラLight
サイズ展開 S、M、L、XL
素材
ブラック、ホワイト、ピンクベージュ、スモークピンク、セージグリーン(2022年3月現在)
価格 1,780円

Triump(トリンプ) スロギー ゼロ フィール


「Triump(トリンプ) スロギー ゼロ フィール」は完全無縫製でストレスフリーのナイトブラ。
こちらのナイトブラ特有の特殊構造でバスト全体を包み込み、睡眠時のお肉の横流れを防ぎます。
縫い目がないため、刺激に弱い方や妊娠を機に敏感になった方におすすめです。

Triump(トリンプ) スロギー ゼロ フィール
サイズ展開 M、L、LL
素材 ナイロン50%、綿30%、ポリウレタン20%
テラコッタ、アドミラル、サーモン、ピジョンブルー(2022年3月現在)
価格 4,840円

ブラグランデ


「ブラグランデ」は育乳カウンセラーが監修したナイトブラで、バストを美しく整えるよう設計されています。
隠れバストキャッチャーという構造でバストの後ろや横に流れていたお肉をかき集め、立体定着構造でキープします。
ホールド力やキープ力が高く、就寝時も谷間を維持できるでしょう。

ブラグランデ
サイズ展開 S、M、L、3L
素材 本体生地・ベルト部表生地:ナイロン84%、ポリウレタン16%

レース部・ベルト部パワーネット:ナイロン77%、ポリウレタン23%

胸部裏地:モーダル 95%、ポリウレタン5%

ブラック、ピンク、ベージュ(2022年3月現在)
価格 6,578円

GUNZE(グンゼ) キレイラボ ハーフトップ


「GUNZE(グンゼ) キレイラボ ハーフトップ」は締め付けずにバスト全体をカバーできる肌に優しいナイトブラです。
完全無縫製で切りっぱなしになっているため、肌が敏感な方や縫い目が気になる方におすすめ。
またグンゼの独自技術であるスキンタッチ加工で、生地面と触れる肌を乾燥から守るため、乾燥肌の方にもおすすめです。

GUNZE(グンゼ) キレイラボ ハーフトップ
サイズ展開 M、L、LL、3L
素材 綿65%、ポリウレタン35%
グレーモク、ブルーグレー、サックス、ソフトピンク、ワインピンク、ブラック、グレイッシュブルー、ローズ、シャドーブルー、ベージュ、オフピンク、ブルーモク、ライトパープル、スキンベージュ、クリアーサックス(2022年3月現在)
価格 1,980~2,200円

授乳中に使うナイトブラの3つの注意点

ナイトブラ授乳注意点

授乳期にナイトブラを使用する場合、いくつかの注意点があります。

授乳中にナイトブラを使う際の注意点
  • サイズが合わない時は無理に着用しない
  • 少しでも違和感がある場合は着用しない
  • 常に清潔な状態にしておく

ひとつずつ解説していきましょう。

サイズが合わない時は無理に着用しない

サイズが合わないナイトブラを着用しても、ナイトブラ本来の効果は期待できません。
妊娠してから卒乳までの間はバストサイズが変化しやすいため、バストの変化に合わせてナイトブラも変えましょう

少しでも違和感がある場合は着用しない

圧迫感や痛みなどを感じた場合、すぐに着用を中止してください。
無理に着用すると、母乳の出に影響することもありえます。
ナイトブラのサイズがバストサイズに合っていないなら、買い替えるタイミングです。
バストが張っている時期なら、マッサージなどで張りを改善することを優先しましょう。

常に清潔な状態にしておく

授乳期は母乳が漏れてしまうことがありますが、そのままにしておくと不衛生です。
必要に応じて母乳パッドを取り付けてもよいですね。
特に授乳中のバストは、赤ちゃんが直接口をつける部分。
赤ちゃんのためにも、バストやナイトブラは清潔に保ちましょう。

授乳中に使うナイトブラに関するよくある質問5選

ナイトブラ授乳質問

授乳中に使用するナイトブラについて、よくある質問をピックアップしました。

授乳中のナイトブラ着用でよくある質問
  • 妊娠前に使っていたナイトブラを妊娠中や授乳中に使ってよいですか?
  • 妊娠中と授乳中で同じナイトブラを使っても大丈夫ですか?
  • ナイトブラを、マタニティブラや授乳ブラの代わりに使う際に気をつけることは?
  • 断乳後や卒乳後のナイトブラはどんなものがよいですか?
  • 気になるナイトブラがあります。妊娠中や授乳中に使ってよいか知りたい場合は?

産前・産後のナイトブラにお悩みの方はぜひご覧ください。

妊娠前に使っていたナイトブラを妊娠中や授乳中に使ってよいですか?

サイズが合っているナイトブラなら使ってもよいです。
しかし妊娠前と比較すると、妊娠中や授乳中などはバストがサイズアップしていることも多いです。
バストを過度に圧迫しないために、サイズ選びは慎重に行いましょう。

妊娠中と授乳中で同じナイトブラを使っても大丈夫ですか?

サイズが合わないものや、違和感があるものでなければ大丈夫です。
ただし、妊娠中と授乳中でバストのサイズが変化した場合は、なるべく早くナイトブラのサイズが問題ないか確認しましょう。

ナイトブラを、マタニティブラや授乳ブラの代わりに使う際に気をつけることは?

マタニティブラや授乳ブラの代わりに日中も使用する場合は、日中も着用してよいナイトブラか確認しましょう。
しかし可能であれば、日中はマタニティブラや授乳ブラを使うことをおすすめします。
マタニティブラや授乳ブラは、妊娠中や授乳中に最も適したブラジャーです。
それぞれのシーンに合ったブラジャーを上手に使い分けることで、バストケアの質が格段に上がります。

断乳後や卒乳後のナイトブラはどんなものがよいですか?

授乳中よりもホールド力や補正力が強いナイトブラがよいでしょう。
着用感が合うなら、フロントホックやサイドホック付きのナイトブラもおすすめです。
母乳などを気にする必要がないため、選択肢はぐんと広がりますね。

気になるナイトブラがあります。妊娠中や授乳中に使ってよいか知りたい場合は?

まずは公式サイトを見てみましょう。
商品によっては、「よくある質問」などに妊娠中や授乳中の使用について言及されている場合があります。
公式サイトに記載がない場合は、授乳中の使用を推奨していないナイトブラも多いため、必ずメーカーに確認しましょう。

授乳中も使えるおすすめのナイトブラまとめ

ナイトブラ授乳まとめ

本記事のまとめ
  • ナイトブラを就寝時に着用することで、授乳期のバストにかかる負荷を軽くできる
  • ナイトブラを選ぶポイントは「授乳しやすいか」「バストを優しくサポートできるか」
  • 授乳期のナイトブラは「圧迫感や違和感がある時は着用しない」「清潔にする」ことを心がけよう
  • 妊娠〜産後はバストサイズが変わりやすいため、サイズが合わなくなったら買い替え時
  • メーカーが授乳期の着用を推奨していないナイトブラは避けること

女性のバストは妊娠や出産、授乳を経て、大きく変化します。
ケアをおろそかにしていると、いつの間にか型崩れや下垂が気になるバストになっていたということも起こり得ます。
いくつになっても、なるべく美しいスタイルを維持したいですよね。
ナイトブラを使えば、妊娠による変化はゼロにできなくても、軽減することは可能です。
美しいバストをキープするために、ぜひナイトブラを取り入れてみてください。

Let's share this post!
TOC
閉じる