美容サロンへの集客施策に予約サイトを使うのかLINEを使うのかそれぞれのメリット、デメリットを説明するので参考にしてください。

Beauty Parkに掲載しませんか?

美容サロンのWeb集客を低コストではじめる Beauty Park

※資料請求・審査は無料です

美容サロンの集客にはLINEが最適なのか?

美容サロンの集客方法にはさまざまな手段があります。LINE公式アカウントや予約サイトなどの広告媒体(集客サイト、Web広告、チラシ、雑誌広告など)のそれぞれのメリットとデメリットを比較して、どちらが美容サロンにとって効果的かを考えてみましょう。

・LINE公式アカウントを利用するメリット

1.費用を抑えられる

LINE公式アカウントの基本機能は無料で利用できます。まずは無料プランを試しに使い、必要に応じてオプション機能が利用できる有料プラン(※1)を検討するのがおすすめです。
有料プランの料金も予約サイトの掲載料や手数料と比較して安価なので、予算を抑えつつ効果的なプロモーションが可能です。 

(※1)LINE公式アカウント料金プラン

2.お客さまデータを保有して活用できる

 LINE公式アカウントを利用することで、サロン側でお客さまのデータを保有し活用できます。これにより、お客さまの趣味嗜好や来店履歴に基づいたサービス提供ができリピート率の向上に繋がります。

また、蓄積されたお客さまのデータを分析することで、今後のキャンペーンや新規顧客獲得などに役立てることができます。

3.ライバルがいない

美容サロンに行きたいと思った時にLINE公式アカウントから予約してもらえれば、ネットを検索する必要もないため、他のお店に目移りしたり、比較する機会を減らすことができます。

さらにお得なキャンペーンや限定クーポンを配信することで、お客さまのリピート率を高めることができます。

直接コミュニケーションを取り、信頼関係を築きながら、お客さまに特別な体験を提供しサロンのファンになっていただけるよう努めましょう。

その他活用できる機能については、美容サロンで活用すべきLINE公式アカウントの機能とは?ご紹介しています。

・広告媒体を利用するメリット

1.アプローチできる範囲が広い

Web広告や雑誌広告などは、多くの人の目に留まりやすく、新規顧客の獲得にとても効果的です。特にSNS広告やGoogle広告は、ターゲティング精度が高く、興味を持つ層にアプローチしやすいです。また、予約サイト上でのレビューや評価も、信頼性を高める要素となります。

2.サロンの認知度向上

広告を通じてサロンのブランドイメージを広く訴求することができます。魅力的なビジュアルやキャッチコピーで、サロンの特長や魅力を伝えることができます。

3.配信できる手法が多い

動画広告、バナー広告、テキスト広告など、さまざまな形式で情報を発信できるため、ターゲット層に合わせたアプローチが可能です。

・LINE公式アカウントを利用するデメリット

1.新規顧客獲得の難しさ

お客さまに友だち登録をしてもらう必要があるため、新規顧客の獲得には時間がかかることがあります。
Beauty Parkにご掲載いただき公式アカウントと連携していただくことで、友だち登録を促すプロモーションとして利用し、新規のお客さま獲得に繋げることができます。

2.初期設定と運用の手間

LINE公式アカウントの初期設定や運用は手間がかかります。チャット対応やコンテンツ作成にも時間と工数が必要ですが、自動応答メッセージを設定したり、LINEの機能やフォーマットを利用することで業務負担が軽減されます。複数人で対応できるように、サロン側で運用ルールを決めておくことで、運用においても負担を分配することができます。

3.メッセージ配信の制限

無料プランではメッセージ配信数に制限があるため、大規模なプロモーションを行う場合は有料プランが必要になります。料金プランのアップグレード、ダウングレードが可能(※2)なので、サロンのプロモーション戦略と合わせて変更してもいいですね。

※2:【公式】LINE公式アカウントの費用は?3つの料金プランを解説

・広告媒体を利用するデメリット

1.広告費用や手数料の負担

広告費がかかるため、予算が限られているサロンや、中小規模のサロンにとっては大きな負担となります。また、予算をかけても期待通りの結果が得られないことがあります。

予約サイトの掲載料や予約手数料も高額な場合が多く、特に中小規模のサロンにとっては負担が大きくなります。毎月の費用がかさむため、サロンの利益を圧迫することもあります。

2.お客さまの情報の制限

予約サイトを利用すると、お客さまの情報をサロン側で蓄積・保有できないため、お客さまとの直接的なコミュニケーションやアプローチが難しくなります。予約サイト側にお客さまの情報がある限り、費用がかかっても予約サイトの利用をやめることが難しくなります。

3.他のサロンとの差別化

同じ予約サイトには多くの競合サロンが存在するため、差別化が難しくなります。価格競争が激しくなる上、予約サイトのフォーマットが決まっているため、サロン独自のプロモーションやブランディングが制限され、十分な魅力を伝えることが難しくなります。

LINE公式アカウント機能の活用例

LINEヤフー株式会社が提供している「LINE for Business」で、美容サロンのLINE公式アカウントの活用事例を見てみましょう!

参考①:入り口を増やして、出口を減らす。広告を利用せずに3,400人の友だちを獲得した地域密着サロンのLINE活用

https://www.lycbiz.com/jp/case-study/line-official-account/llacitta/?service=line-official-account&industry=barber-salon

参考②:脱・予約サイトを目指すアイラッシュサロンのLINE公式アカウント活用

https://www.lycbiz.com/jp/case-study/line-official-account/pixielash/?service=line-official-account&industry=barber-salon

まとめ:目的次第では、LINE公式アカウントの活用メリットが大きい

美容サロンの集客において、LINE公式アカウントの活用は非常に効果的です。
何より費用を抑えつつ、直接コミュニケーションが取れ、リピート率向上や集客に繋がることはとても大きいメリットです。また、LINEでの簡単な予約や自動応答メッセージ機能により、サロンの運営をスムーズにし、さらに顧客満足度を向上させることができます。

LINE公式アカウント、広告媒体のそれぞれのメリット・デメリットを把握し、それぞれの特長を活かしながら、自分たちのサロンの目的に応じて活用することで、集客効果を最大化していきましょう。

Beauty Park collegeでは、美容サロンがLINE公式アカウントを活用する方法などの情報を提供しています。こちらの内容も是非参考にしてみてください。

参考:美容サロンがLINE公式アカウントを活用したほうが良い理由とは?

また、Beauty ParkではLINE公式アカウントのサポート、運用代行も対応しています

まずはお気軽にご相談ください。