ジャンルを指定:すべて

【どっち?】顔のほくろ除去は皮膚科と美容外科どっちに行くべき?値段が安くて後悔しないほくろ取りのおすすめ選択肢

ほくろが取れても、顔に傷跡が残ったら本末転倒です。

ほくろ除去は皮膚科と美容外科どっちに行くべきか?あなたが顔にあるほくろをコンプレックスに感じているなら、傷跡目立たず仕上がりきれいな美容外科のほくろ除去がおすすめです。

美容外科は自由診療ですが、じつは安くほくろを除去できます。TCB東京中央美容外科は傷跡がほとんど目立たない電気メスによるほくろ除去を、業界最安級4,980円でご提供中です。

4,980円~!業界トップレベルの安さ

アバター画像
ライター
薬機法管理者

美容医療は自信や幸福感を高めるセルフケアであると、執筆を通して窮屈に生きている人に伝えたい。自身も美容整形・美肌治療で自己肯定感を高めている。一般社団法人薬機法医療法規格協会「薬機法医療法広告遵守個人認証 YMAA取得 認定番号104(67)」。薬機法管理者:AL002580。 美容医療施術歴:二重埋没、白玉注射、プラセンタ注射、いぼ除去、医療脱毛など

続きを読む

Beauty Parkでは、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。Beauty Parkの記事は美容医療経験者によって企画、執筆、編集され、読者の皆さんに公開されます。詳細は、Beauty Parkが独自に定める編集ポリシーをご覧ください。

Beauty Parkで記載している価格はすべて税込み表記になります。※正確な情報提供に努めておりますが、内容の正確性・安全性を保証するものではありません。※本サイトで紹介している商品・サービスは企業等の意見を代弁するものではありません。※本サイトは株式会社オーエスが運営しております。当記事のご意見については、お問い合わせフォームからお寄せください。

目次

どっちに行くべき?皮膚科と美容外科のほくろ除去特徴

皮膚科・美容外科、それぞれのほくろ除去の特徴を紹介します。

皮膚科と美容外科の違い
  • 皮膚科のほくろ除去特徴
  • 美容外科のほくろ除去特徴

皮膚科でのほくろ除去の特徴

ほくろ除去は皮膚科と美容外科どっち?
医療機関皮膚科
料金相場5,000~13,000円

病理検査3,000円
診察料3,000円程度
治療目的・皮膚疾患の治療
・再発させない
対応できる
ほくろ
・直径6mm以上
・悪性腫瘍のほくろ
・メラノーマ
ほくろ除去法切除縫合
くりぬき法
保険適用適用

皮膚科でのほくろ除去は、医師の診断により保険適用となる場合があります。保険適用となった際は3割負担となり、自己負担額を安く抑えられるのが最大のメリットです。

皮膚科で保険適用となるほくろ除去は、くりぬき法や切除縫合法が用いられ、治療期間の目安は半年~2年です。よって美容外科でのほくろ除去より、治療が長期化する可能性があります。

美容外科でのほくろ除去の特徴

ほくろ除去は皮膚科と美容外科どっち?
医療機関美容外科
料金相場5,000
~20,000円
カウンセリング無料
治療目的・見た目を美しく整える
・きれいな仕上り
対応できる
ほくろ
・円形やだ円形
・薄茶〜黒色
・平なほくろ
・盛り上がりがあるほくろ
ほくろ除去法レーザー
切除縫合
くりぬき法
電気メス
保険適用なし

美容外科や美容皮膚科でのほくろ除去は、保険適用外の自由診療です。しかし5,000円程度の安さでほくろを除去でき、傷跡が残りにくく見た目もきれいな仕上りが期待できます。

また美容外科でのほくろ除去は自身が希望する機器・除去法を選択できます。治療法や使用する機器に縛りがない点が、美容外科で保険適用外のほくろ除去を受ける大きなメリットです。

保険適用外でも安い!ほくろ除去4,980円

ほくろ除去は皮膚科か美容外科どっち?迷ったときの選び方

皮膚科でほくろ除去?美容外科でほくろ除去?どっちで治療する?

皮膚科or美容外科の選び方
  • 皮膚科でのほくろ除去がおすすめの人
  • 美容外科でのほくろ除去がおすすめの人

ほくろ除去は皮膚科か美容外科どっちに行くべきか?迷ったときの選び方を紹介します。

皮膚科でのほくろ除去がおすすめの人

ほくろ除去は皮膚科と美容外科どっち?
皮膚科はこのような方におすすめ
  • とにかく負担額を安く抑えたい
  • 悪性のほくろでないか診てもらいたい
  • とにかく再発は避けたい

悪性のほくろであった場合は、再発しない徹底的な除去を優先する皮膚科でのほくろ除去がおすすめです。なお保険適用で負担額は安くなりますが、きれいな仕上りは重視されません。

美容外科でのほくろ除去がおすすめの人

ほくろ除去は皮膚科と美容外科どっち?
美容外科はこのような方におすすめ
  • 顔に傷跡を残したくない
  • きれいな仕上りにこだわりたい
  • メスを使うほくろ除去は避けたい
  • 無料で相談したい

美容外科のほくろ除去には、傷跡を目立たなくしていかに美しく仕上げるかまで含まれています。ほくろを除去してコンプレックスを解消したい・顔に傷跡を残したくない方に最適です。

仕上がりにこだわるならここ!

ほくろ除去の値段が安くて評判のいいおすすめの病院・美容外科

安くて仕上がりきれいなほくろ除去はTCB東京中央美容外科がおすすめです。

クリニックTCB東京中央美容外科ゴリラクリニック東京美容外科
ほくろ
除去法
電気メス
ピコレーザー
切開
くりぬき法
炭酸ガスレーザー電気メス
切除
値段4,980円~5,500円5,500円~
エリア全国85院全国18院全国19院
詳細詳細を見る詳細を見る詳細を見る

各クリニックが提供するほくろ除去の特徴を紹介します。

TCB東京中央美容外科

クリニックTCB東京中央美容外科
ほくろ除去電気メス
ピコレーザー
切開
くりぬき法
値段4,980円~
ダウンタイム腫れ・内出血1週間
エリア全国85院
詳細公式HP

TCB東京中央美容外科は、業界最安級4,980円でほくろ除去を行っています。1番人気は電気メスによるほくろ除去です。皮膚が再生することで自然できれいな仕上りが期待できます。

TCB東京中央美容外科はほくろ除去法の選択肢も豊富、大手美容外科の特権です。ほくろ除去は皮膚科と美容外科どっちか迷っている方、TCB東京中央美容外科なら無料で相談できます。

ほくろ除去の安さ業界トップレベル!4,980円

ゴリラクリニック(男性限定)

クリニックゴリラクリニック
ほくろ除去炭酸ガスレーザー
値段5,500円
ダウンタイム保護テープ10日間
エリア全国18院
詳細公式HP

男性は女性より痛みに弱いもの、メンズのほくろ除去にはゴリラクリニックの炭酸ガスレーザーがおすすめです。痛みが少ないうえに、ほとんどの場合1回の治療で完了します。

炭酸ガスレーザーによるほくろ除去は、色素沈着のリスクや施術後の発赤期間も軽減されます。ゴリラクリニックのほくろ除去は5,500円、外用薬代も含まれており高コスパです。

痛みもリスクも少ないほくろ除去5,500円

東京美容外科

【公式HP】https://www.tkc110.jp/
クリニック東京美容外科
ほくろ除去電気メス
切除
値段5,500円~
ダウンタイム腫れ・内出血
エリア腫れ・内出血1週間
詳細公式HP
【公式HP】https://www.tkc110.jp/

東京美容外科は、高度な美容外科手術をも手掛ける熟練医師がほくろ除去を行います。シワと同化して傷跡の目立たない仕上がりを実現、ほとんどの場合1回の治療で除去が可能です。

東京美容外科は料金の安さを売りにせず、豊富な経験と高い技術力が自慢です。電気メスによるほくろ除去は5,500円・切除縫合は8,800円、術後保証付きで安心して委ねられます。

傷跡・再発防止にこだわったほくろ除去

【画像付き】ほくろの種類で除去法が異なる

ほくろのサイズや状態で治療法が異なります。

ほくろの
種類
ほくろの
サイズ
6㎜以下1㎜以下6㎜以上6㎜以下
ほくろの状態盛り上がったほくろ表面が平なほくろ大きく目立つ根深いほくろ
ほくろ除去法電気メスレーザー切開/切除くりぬき法

ほくろ除去の方法は主に4種類、それぞれの特徴を紹介します。

電気メスによるほくろ除去

ほくろ
除去法
電気メス
料金相場5,000
~10,000円
ほくろ
タイプ
6㎜以下のほくろ
盛り上がったほくろ
特徴ほとんど出血がない
ほぼ1回の治療で完了

電気メスは、6㎜以下の盛り上がったほくろ除去に用いられます。電気メスの熱を利用して、ほくろ表面を削り取る方法です。術後は皮膚が再生することで傷跡も目立たなくなります。

炭酸ガスレーザーによるほくろ除去

ほくろ
除去法
炭酸ガスレーザー
料金相場5,000
~10,000円
ほくろ
タイプ
6mm以下のほくろ
表面が平らなほくろ
特徴ほとんど傷跡が残らない
痛みや出血がない

炭酸ガスレーザーは、1㎜以下の平らなほくろ除去に用いられます。痛みや出血、施術後の色素沈着リスクが少なく、ほとんどの場合1回の治療で除去が可能です。

切開・切除によるほくろ除去

ほくろ
除去法
切開・切除
料金相場15,000
~20,000円
ほくろ
タイプ
6mm以上の大きいほくろ
特徴再発の可能性が低い
大きいほくろ除去向き

切開・切除は、6㎜以上の大きめなほくろ除去に用いられます。また皮膚科での保険適用のほくろ除去に用いられる方法で、抜糸直後は傷跡が目立ちますが再発率が低い方法です。

再発の可能性が低い19,800円

くりぬき法によるほくろ除去

ほくろ
除去法
くりぬき法
料金相場10,000
~20,000円
ほくろ
タイプ
6mm以下のほくろ
根が深いほくろ
特徴再発の可能性が低い

くりぬき法は、6㎜以下の比較的小さめなほくろ除去に用いられます。ほくろの形に沿って丸く皮膚をくりぬき、かつ深くまで組織を取るため再発するリスクはほとんどありません。

傷跡目立たず仕上がりきれい10,200円

【どっち?】皮膚科で顔のほくろを除去するメリットとデメリット

皮膚科でのほくろ除去について、メリットとデメリットを紹介します。

デメリット
  • 施術法を選べない
  • 美しい仕上がりは重視していない
メリット
  • 保険適用で費用負担が軽い
  • 再発の可能性が低い治療ができる
  • がん細胞か調べる病理診断あり

皮膚科でほくろを取るメリット

メリット
  • 保険適用で費用負担が軽い
  • 再発の可能性が低い治療ができる
  • がん細胞か調べる病理診断あり

皮膚科でほくろ除去を受けるメリットは、費用負担の軽さです。保険適用となった場合は、3割負担でほくろ除去が受けられ、また病理診断でがん細胞か否かを確認できます。

皮膚科でほくろを取るデメリット

デメリット
  • 施術法を選べない
  • 美しい仕上がりは重視していない

皮膚科で保険が適用されるほくろ除去には、切開・切除縫合法やくりぬき法が用いられ、その他の方法は選べないことがほとんどです。また術後のきれいな仕上りは重視されません。

【どっち?】美容外科で顔のほくろを除去するメリットとデメリット

保険適用にならない美容外科ですが、意外にも安くほくろ除去できます。

デメリット
  • 保険適用外の自由診療
  • 病理診断がない
メリット
  • 4,000円台~安くほくろ除去できる
  • 仕上がりの美しさまで追求した施術
  • レーザーや電気メスなど施術法が選べる

美容外科でほくろを取るメリット

メリット
  • 4,000円台~安くほくろ除去できる
  • 仕上がりの美しさまで追求した施術
  • レーザーや電気メスなど施術法が選べる

見ための美しさにこだわるのが美容外科、美容外科なら仕上がりの美しさまで追求したほくろ除去が受けられます。傷跡を残したくない顔のほくろ除去は美容外科一択です。

ほくろ除去の方法が選べるのも自由診療である美容外科の特権です。痛みの少ない手軽なレーザー治療や、再発の可能性が少ない電気メスによるほくろ除去は、美容外科で受けられます。

美容外科でほくろを取るデメリット

デメリット
  • 保険適用外の自由診療
  • 病理診断がない

皮膚科と美容外科、どっちか迷う理由の多くはいかに安くほくろを除去できるかです。残念ながら美容外科のほくろ除去は保険適用外ですが、じつは4,000円台安く受けられます。

美容外科でほくろ除去レーザーは後悔する?経過を画像で紹介

症例画像
経過施術前施術直後1週間経過3ヶ月経過
詳細顔の左側にある5つのほくろにレーザー照射施術直後は照射した箇所が赤くなる赤みもひき、ほくろが目立たない状態ほとんど目立たない状態
※画像引用:https://www.tsutsui-biyo.com/

上記は美容外科でほくろ除去レーザーを受けた方の症例画像です。施術直後に出る赤みは数日で引き、1週間経過するとほくろはすっかり目立たず、効果を得られたことがわかります。

上記の症例画像のようにきれいな仕上りを目指すなら、ほくろ除去は美容外科で行うのがおすすめです。早くほくろ除去をやっていればよかったと、後悔するかもしれません。

保険適用でのほくろ除去の特徴・詳細

ほくろ除去は皮膚科と美容外科どっち?ほくろ除去は皮膚科と美容外科どっち?
医療機関一般皮膚科美容外科
保険適用
ほくろ
除去法
くりぬき法
切除縫合
電気メス
炭酸ガスレーザー
切開・切除
くりぬき法
料金相場5,000~13,000円

病理検査3,000円
5,000
~20,000円

一般皮膚科でほくろ除去が保険適用になる条件、保険適用の際の料金相場を紹介します。

ほくろ除去が保険適用になる条件

ほくろ除去保険適用の条件
  • 直径6㎜以上のほくろ
  • ほくろの輪郭がギザギザ
  • 痛みや出血しているほくろ
  • 視界を遮り日常生活に支障がある
  • はっきりとした丸い形ではない

上記に加え医師が悪性腫瘍のほくろ「メラノーマ」と診断した場合、保険適用でほくろ除去が受けられます。保険適用のほくろ除去に用いられる方法は主に、切除縫合・くりぬき法です。

ほくろ除去が保険適用になった場合の料金相場

保険適用でのほくろ除去の料金は、3割負担の方で13,000~16,000円が相場です。これには手術代と病理検査代が含まれますが、美容外科のほくろ除去より高くかかる可能性があります。

ほくろ除去後のテープ貼付はいつまで?ダウンタイムはどれくらい?

ほくろ除去後の保護テープ
※引用:https://wove.jp/

ほくろ除去後は保護テープ貼付のダウンタイムがあります。患部の皮膚が再生する2週間は、軟膏と保護テープ貼付が必要です。なお保護テープの上から化粧をしても問題ありません。

【失敗して後悔】家にあるもので自分で簡単にほくろを消す方法

失敗&後悔!自分でほくろ取り
  • ほくろ取りクリーム
  • はさみ等で自分で切る
  • もぐさ

家にあるもので自分でほくろを取る方法には、考えられるリスクとして、皮膚がケロイド状になる・やけど・顔に傷跡などがあげられます。自分でほくろ取りはおすすめしません。

【コンプレックス】顔にほくろが多いのはなぜ?

ほくろ除去は皮膚科と美容外科どっち?

顔にほくろが多い理由として、加齢によるターンオーバーの乱れ・紫外線・実はシミだった等があげられます。コンプレックスに感じているなら、早めのほくろ除去がおすすめです。

どっちか迷ったら無料カウンセリングを受けよう

保険適用でのほくろ除去にこだわる方は一般皮膚科、きれいな仕上りを目指す方は美容外科がおすすめです。まずは無料カウンセリングを実施しているクリニックで相談しましょう。

ほくろ除去を業界トップレベルの安さ、4,980円で提供するTCB東京中央美容外科は無料カウンセリングを実施しています。無料カウンセリングは早めのご予約がおすすめです。

無料カウンセリングのみの来院もOK

ほくろ除去レーザーの施術流れ

診察〜施術の流れをチェックしていきましょう。

ほくろ除去の施術流れ
  • 予約~無料カウンセリングの流れ
  • 施術の流れ
  • アフターケア

それぞれ解説していきます。

予約~無料カウンセリングの流れ

  1. STEP

    カウンセリングの予約

    電話は混みあっているためWEB予約がおすすめです。

  2. STEP

    来院

    受付・問診票の記入

  3. STEP

    医師とのカウンセリング

    医師の診察・最適なほくろ除去法の提案

  4. STEP

    申し込み手続きor帰宅

    当日施術申し込み手続き
    料金の支払い
    後日施術予約の調整
    検討する帰宅

無料カウンセリングのみの来院もOK

施術の流れ

  1. STEP

    メイク落とし

    クレンジング・洗顔

  2. STEP

    麻酔

    麻酔で施術中の痛みを軽減

  3. STEP

    施術

    施術の時間は5~30分

  4. STEP

    施術後

    患部に薬を塗布・保護テープを貼付

  5. STEP

    ほくろ除去終了

    保護テープの上からのメイクや入浴は当日から可能です。

カウンセリング当日の施術も可能

アフターケア

ほくろ除去後はおよそ2週間、保護テープを貼って過ごします。軟膏を塗って保護テープを貼り替える作業がありますが、その際にかさぶたを無理に剥がさないよう気をつけましょう。

皮膚科・美容外科のほくろ除去に関するよくある質問

ほくろ除去は皮膚科と美容外科どっち?よくある質問をまとめました。

ほくろ除去Q&A
  • 盛り上がったほくろに最適な除去方法は?
  • 湘南美容クリニックはほくろ除去をやってない?
  • ほくろ多いコンプレックスはどんな除去法で解消できる?
  • ほくろ除去後に跡が消えないのは失敗?
  • ほくろ除去で人生変わった人っているの?
  • ほくろ除去は切除とレーザーどっちがいい?
  • 保険適用の場合のほくろ除去は値段いくら?

盛り上がったほくろに最適な除去方法は?

盛り上がったほくろには、電気メスによる除去法が用いられます。熱を利用してほくろの表面を削り取り、ほくろの原因となっている細胞を焼灼する方法です。

湘南美容クリニックはほくろ除去をやってない?

湘南美容クリニックは4年以上前からほくろ除去の治療は行っていません。

ほくろ多いコンプレックスはどんな除去法で解消できる?

たくさんのほくろを除去する場合、炭酸ガスレーザーが用いられます。施術が短時間で済むこと・傷跡が残らずきれいに仕上がることがメリットです。

ほくろ除去後に跡が消えないのは失敗?

たとえば炭酸ガスレーザーや電気メスによるほくろ除去の場合、傷跡や赤みがまったく目立たなくなるまでに1~3ヶ月かかります。失敗ではありません。

ほくろ除去で人生変わった人っているの?

ほくろ除去で人生変わった!と感じる人が多い理由は、顔のほくろ除去でコンプレックスを解消し、見ためや日常生活の不便を感じなくなるからです。

ほくろ除去は切除とレーザーどっちがいい?

ほくろの大きさ・深さ等によって適した除去法が異なることは前提ですが、美容外科を選ぶ特権として自身で除去法が選べます。

保険適用の場合のほくろ除去は値段いくら?

保険適用でのほくろ除去の料金は手術代と病理検査代を含め、3割負担の方で13,000~16,000円が相場です。

ほくろ除去は皮膚科と美容外科どっちに行くべきかまとめ

仕上がりの美しさまで追求する美容外科なら、顔のほくろ除去も安心です。

ほくろ除去は皮膚科と美容外科どっち?答えは、顔に傷跡を残さずきれいな肌を再現したい方は美容外科がおすすめです。一方、保険適用に固執する方には皮膚科をおすすめします。

いまは自由診療の美容外科も安い価格帯でほくろ除去を提供しています。TCB東京中央美容外科のほくろ除去は業界トップレベルの安さ4,980円~、きれいな仕上りが口コミで好評です。

4,980円~!業界トップレベルの安さ

本記事で紹介したクリニック詳細ページ

Beauty Parkで掲載している記事は、消費者庁厚生労働省国民生活センターの情報や医師の意見を参考に作成されたものであり、株式会社オーエスが編集ポリシーに則り運営しております。※当サイトは「医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律」に従い執筆を行っております。※当サイトの情報は各サービスの公式HPにてチェックしてください。※クリニックのカウンセリング・予約はご自身で公式HPをご確認後、判断頂きますようお願いします。※本記事はBeauty Park(株式会社 オーエス)と提携する企業のPR情報が含まれます。※Beauty Parkを運営している株式会社オーエスについての詳細は運営者情報プライバシーポリシーをご覧ください。

・当サイトに関するお問い合わせ:お問い合わせフォーム

瓜生貴子

瓜生貴子

薬機法管理者

美容医療は自信や幸福感を高めるセルフケアであると、執筆を通して窮屈に生きている人に伝えたい。自身も美容整形・美肌治療で自己肯定感を高めている。一般社団法人薬機法医療法規格協会「薬機法医療法広告遵守個人認証 YMAA取得 認定番号104(67)」。薬機法管理者:AL002580。

美容医療施術歴:二重埋没、白玉注射、プラセンタ注射、いぼ除去、医療脱毛など

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す