2016年3月29日 更新

セルフアレンジの新定番『メッシーバン』の成功の秘訣

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

福原慶之

messyとは散らかった、グチャグチャした、という意味を持つお団子ヘアです。
こういう風に聞くとマイナスイメージしか出てきませんが、ハイトーンカラーでナチュラルウェーブな外国人がお料理をするときにザックリとお団子に髪をまとめ上げるところを想像してください・・・イケてますね!
そんな日常生活に溶け込んだ、ラフだけど可愛く仕事の邪魔にならない実用的なアレンジ、それがメッシーバンです!!

シンプルだけどバリエーションは無限!

後で少し解説しますが、ただシンプルにお団子風にとめるだけのアレンジながら沢山のデザインを楽しむことができます。取り入れやすいのは「高さ」を活かした変化。

高い位置にお団子をすると明るさや元気さが強調されます。ドレッシーになりがちなスタイルですが、特有のラフな毛束感が程よいリラックス効果を出してくれますね。逆に低い位置だと落ち着き感が出ますが、メッシーバンのおかげで落ち着きながらもカジュアルな印象になります。

メッシーバンを成功させる3つのコツ

手抜きアレンジをオシャレデザインに変える大切な3つのポイントをご紹介♪

①とりあえず巻く
細かいテクニックは気にしないでとりあえず全体を巻いてボリュームを出しましょう。
②手ぐしでザックリ
ブラシを使うとせっかくのカールが台無し、軽くワックスを馴染ませたら、膨らみもおくれ毛も気にせずにまとめましょう!
③固定さえすればOK
写真はねじって持ってるだけですが、これくらいで大丈夫。丸めてとめてもおくれ毛を出してラフさを大切に!

まとめ

僕はサロンのプロフェッショナルならではのデザインを提案、発信することをメインにしてますが、今回のメッシーバンは日常生活の中で生まれたセルフアレンジのためのデザインかと思います。

沢山解説もしましたが、気負いせずにお試しください。クセ毛の方は巻きなしでもOK、巻きが苦手ならそのままでもOK、ゴム留めが苦手ならクリップやバレッタで。自分なりのメッシーバンを楽しみましょう♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
   

この記事を書いたライター

福原慶之
intimhair オーナースタイリスト
住宅街の小さな貸し切りサロンからSNSを通じて新しいヘアデザインを発信中。ヘアアレンジに関しては編み込みに特化し、斬新なデザインをいち早く取り入れ自分流のフィルターを通して提案、テクニカルなオリジナルデザインもある反面セルフテクニックや解説、美容師向けのセミナー等も行っている。
Instagram→https://www.instagram.com/intimhair/

福原慶之

▲トップへ戻る