• BeautyParkトップ
  • コラム カット、カラーも楽しめるボブカットはスタイリングも楽々 ...
  • ヘアスタイル
  • カット

ボブカットはスタイリングも楽々。カット、カラーを工夫してなりたい自分へ

ボブカットとは、肩より上で襟足を丸く切りそろえた、昔のいわゆる「おかっぱ」の髪型のことを言います。

どちらかと言うと、重たいイメージの髪型ですが、最近はカットで毛先を調整したり、カラーで明るい雰囲気にした軽い感じのボブにも人気が集まっています。

マッシュボブ、グラデーションボブ、レイヤーボブなど、カットによって演出できる雰囲気も様々です。自分にピッタリのボブカットを探してみましょう。

カタログゆるふわカールボブ☆/染谷 正氏/Fringe Hair Salon東京都/府中

ボブカットの特徴は?

可愛くて活動的。そんなスタイルを表現するならボブカットがおすすめです。比較的手入れも楽で、スタイリング次第で自由に遊べる点も魅力です。

そんなボブカットですが、カットの方法によって色々なスタイルを表現することができます。例えば、グラデーションカットを取り入れたボブカット、通称グラボブは毛先に細かい段(グラデーション)が入ることでシルエットが丸さを帯び、より女性らしい雰囲気を出すことができます。

ワンレンボブとは、前、横、後ろの髪の長さが同じ長さ(ワンレングス)のボブのことです。大人っぽいカジュアルさを表現できます。(グラデーション)が入ることでシルエットが丸さを帯び、より女性らしい雰囲気を出すことができます。

マッシュボブとは後ろさがりのボブのことで、シルエットがきのこのマッシュルームの形に似ていることからこう呼ばれています。やわらかい質感と強い個性を表現できます。

レイヤーボブとは、レイヤー(段)をいれたボブのこと、動きのあるボーイッシュなイメージです。

ボブカットはどんなひとにおすすめ?

ボブカットには、ある程度の長さが必要です。髪全体の長さに差がないのが特徴ですので、レイヤーの入ったショートカットなどでは、ボブカットはできません。ロングヘアーからショートカットにする前に、一度ボブカットにしてみる人も多いようです。

長い髪であれば、好きな雰囲気やスタイルのボブカットを楽しめます。重さを出すスタイルもおすすめですし、逆にレイヤーカットやパーマで、軽さを楽しむスタイルもおすすめです。

カタログ写真を見ながら、自分の髪の毛の量や髪質とも相談して、より素敵な髪型を選びましょう。

カタログ斜めバングで大人カワイイ!ルーズなナチュラルショー/SHOKO氏/BEKKU hair salon東京都/恵比寿

ボブカットに関するQandA

  • Q.「ゆるふわ」にしたいのですが、どんなスタイリング剤を使うといいですか?
  • A.スタイリング剤の前に、まず傷んでいる毛なら、しっかりとトリートメントをつけるといいと思います。ダメージをしっかりと補修してから、やわらかいミルク状のスタイリング剤でセットしすぎずに崩すのがオススメ。
  • Q.いつも外ハネしてしまいます。手軽に内巻きにするにはどうしたらよいですか?
  • A.本の生え癖が強い方なら、パーマをかけるととても楽です。跳ねるのは、毛先に角があるから。若干中に入るように角を丸くカットをすると、ハネを防ぐことができます。
  • Q.小顔に見せたいです。おすすめのスタイリング方法を教えて下さい。
  • A.顔を隠すのではなく、思い切って出す方が、視覚的にも実は小顔効果があると言われています。顔を出している事で、顔に緊張感が出て、筋肉も鍛えられますよ。あとは、前髪を目の上ギリギリに切るのもオススメです。
  • 上田 幸奈 氏(mod's hair 目黒店)

ボブスタイルの関連記事

秋におすすめの関連記事

  • ヘアスタイル
  • カット
▲トップへ戻る