トップページで興味ある施術を探す

ウルセラは効果なし?持続期間や後遺症などリアルな口コミやハイフとの違いを解説!

ウルセラを受けても効果がなかった」というのは本当?

ウルセラは、現在の日本の美容業界でも定番の施術です。
顔のリフトアップに高い効果があるとされ、引き締まったフェイスラインに近づける治療法です。

しかし、施術を受けた人からは「小顔になった!」「効果がなかった」など様々な意見があります。
また、後遺症やリスクに関する情報もあり、本当に安全なのか心配になる人もいるでしょう。

そこで今回は、押さえておきたいウルセラの基本と、おすすめクリニックを紹介します。

おすすめは、全国114院・紹介リピーター率90%以上を誇り、確かな実績と適正料金が特徴の湘南美容外科です。

【公式HP】https://www.s-b-c.net/

湘南美容外科では、今すぐアクセスできる24時間対応のWEBカウンセリング予約が便利です。

ウルセラ(ウルセラリフト)ってどんな治療?

まずはウルセラの基本を押さえましょう。

  • ウルセラの効果について
  • 「ハイフ」との違い
  • 「ウルセラQプラス」との違い

ウルセラ(ウルセラリフト)は、肌の深部にあるSMAS筋膜(表在性筋膜)に熱エネルギーを与え、緩んだ組織を引き上げる治療法です。

2004年に開発された技術で、医薬品や食品などに関する厳しい基準を定めている「FDA(米国食品医薬局、アメリカの行政機関)」から、リフトアップ効果に関する承認を得た治療法として注目され、その後日本でも導入されました。

今では「切らないリフトアップ術」として人気を博している美容医療です。

日本全国に施術できる美容クリニックがありますが、施術の際の出力や当て方には高度な知識と技術が必要とされているため、施術件数や美容専門医在籍などの実績が伴ったクリニックを選ぶ必要があります。

ウルセラの効果について

ウルセラの主な効果は2つです。

  • 皮膚のたるみを改善してフェイスラインを引き締める
  • 肌の状態(シワ、毛穴、ハリなど)を改善する

顔周りやあご、首に熱エネルギーを照射することにより、周辺の脂肪組織を引き締めます。その結果、たるんでいた皮膚が引き上がり、若々しいフェイスラインに整えていくことができます。

また、SMAS筋膜や周辺の組織に熱を加える過程で、細胞に小さな傷がつきます。その傷を修復するために新しいコラーゲンを作り出すことで肌を活性化し、弾力のある美しい肌に改善していく効果もあります。

「ハイフ」との違い

ウルセラは高度な技術を必要とするので、医師以外の施術はできません。

ウルセラは熱エネルギーを当てる範囲(凝固点)がより小さく、その分強い熱量を一点にかけられるためにリフトアップ効果が高く、持続時間も比較的長いとされています。

一方のハイフは、ウルセラよりも凝固点が広くてダメージも比較的少ないとされ、看護師やエステサロンでの施術も可能です。ただ、効果や持続時間はウルセラよりも劣るので、施術間隔も短く設定されていることがほとんどです。

「ウルセラQプラス」との違い

ウルセラQプラスは、美容大国である韓国で開発された医療機器です。

韓国の行政機関・MFDS(韓国食品医薬品安全庁)の承認を得ていて、日本ではクリニックが個人輸入して使用していることがほとんどとされています。

顔周辺の脂肪細胞へのアプローチを主としているので、筋肉などのタンパク質が変性するほどの熱を照射することがありません。ダウンタイムも短いので施術後すぐにメイクもできます。

ウルセラよりも痛みが少なく、患者にとって負担が少ない治療法といえます。痛みに弱い人におすすめです。

照射する時に装着する専用のカートリッジがあり、目のすぐ下やカープが多い部分にも効果的に施術できるようになっています。目元のたるみが気になる人などに向いている施術といえます。

ウルセラが安いおすすめのクリニック

適正価格を掲げるクリニックを選ぶと安心です。

  • 湘南美容外科
  • 東京美容外科

ウルセラはリフトアップに高い効果がありますが、料金も高めで気軽に受けられないと思う人もいるでしょう。

特に初めて受ける人は料金以外の心配もあるので、できるだけ安く、丁寧なカウンセリング・施術をしてくれるクリニックを選ぶことが重要です。

湘南美容外科

【公式HP】https://www.s-b-c.net/
クリニック湘南美容外科
ハイフ機器ウルセラ
値段(顔(頬・頬骨・顎下) )130,370円
(顔(頬・頬骨・顎下)+眼周囲)160,920円
(顔+眼周囲+首)211,850円
持続期間6か月~1年
エリア仙台/新宿本院/立川/横浜/名古屋/大阪梅田/福岡
初回カウンセリング無料
支払い方法現金、クレジットカード、デビットカード
メディカルローン、ビットコイン
詳細公式HP

「好きな言葉は情熱です」のフレーズでも有名なクリニックです。

湘南美容外科は、グループ院が全国・海外で114院、2021年度の総来院者数308万人以上という圧倒的な規模を誇ります。診療科目も幅広く、美容医療の他にも医療瘦身や不妊治療、レーシック治療なども手掛け、数多くの科目で実績を積んでいます。

パーツごとのウルセラ施術料金の平均が15万~20万前後といわれていますが、湘南美容外科の場合、最低価格は顔全体で13万円台と比較的安く設定されています。ウルセラが受けられるのは、新宿本院をはじめとした全国7院です。

施術内容に関するドクターカウンセリングと、支払方法や予約などに関するスタッフカウンセリングのダブル体制も安心です。医師には聞けないお金のことなどもじっくり相談できるので、特に美容医療を初めて受ける人におすすめのクリニックといえます。

東京美容外科

【公式HP】https://www.tkc110.jp/
クリニック東京美容外科
ハイフ機器ウルトラセルQプラス (ULTRAcel Q+)
値段(全顔・初回トライアル)55,000円
(全顔・1回)77,000円
(全顔・3回)210.000円
(全顔・6回)370,000円
(全顔+顎下・初回トライアル)77,000円
(全顔+顎下・1回)100,000円
(全顔+顎下・3回)270,000円
(全顔+顎下・6回)480,000円
持続期間6か月~1年
エリア青森/秋田/仙台/大宮/新宿/赤坂/横浜
名古屋/大阪梅田/広島福山/福岡/沖縄
初回カウンセリング無料
支払い方法現金(一括)、クレジットカード、デビットカード
医療分割、PayPay(下関院・佐賀院・諫早院を除く)
詳細公式HP

東京美容外科は、ウルセラをはじめとした医療レーザー治療の他、美容外科・皮膚科としても多くの実績を持つクリニックです。

特に外科治療に関しては執刀医の基準が高く、3~10年以上の実務経験がないと執刀できないという取り決めを持っています。

提供する医療への意識の高さがうかがえるクリニックです。

無料で受けられるカウンセリングでは、施術シミュレーションも含めて術後の状態やリスクを詳しく説明してもらえるので、より具体的なイメージを持って施術に臨めます。

こちらのクリニックでは、痛みを軽減したウルトラセルQプラスを使用した施術を行います。顔全体のみの施術と、顎下も含めた施術から選ぶことができ、どちらも初回トライアルなら5万~7万円台と破格の値段で受けられるのが魅力です。

また、大宮・横浜・福岡・福山院限定で、専用カートリッジを使った脂肪溶解治療も受けられます。

写真で見るウルセラの効果

施術前は口元の皮膚がたるんで下がっているイメージでしたが、施術後には皮膚が引き締まり、スッキリとしたフェイスラインになっているのが分かります。頬が過度にこけることもなく、自然と口角も上がって若々しい印象になりました。

こちらは、目元周辺を重点的に施術した症例です。1回の照射で目の下のたるみやクマが改善されています。

施術前に目立っていた長く深いシワも、施術後にはかなり短く浅い状態になって自然な目元に変わりました。同時に頬のたるみも改善されているので、目元だけでなく顔全体の印象を大きく変える結果となっています。

ウルセラの効果に対する評判と口コミ

実際に施術を受けた人の口コミも参考にしましょう。

  • ウルセラの良い口コミ
  • ウルセラの悪い口コミ

口コミには「やって良かった!」という良い口コミと「全然効果がなかった」という悪い口コミがあります。両方の意見を見ることで、施術のメリット・デメリットや具体的なイメージを知ることができるので、さっそく見ていきましょう。

ウルセラの良い口コミ

施術中に少し顔に刺激を感じましたが、苦痛というほどではありませんでした。効果は数日後から現れ、顔全体がキュッと引き締まったようです。エステサロンに行ったような雰囲気でリラックスでき、これだけ効果があるのならば値段だけのことはあったと思います。

引用:https://jsaps2017.jp/review/catalog/117/

照射の際に刺激や熱感を感じることがあったようですが、我慢できないほどではなかったようです。施術後数日で引き締め効果が実感できたとのことで、施術結果に満足できたようです。

顔の腫れと顎のあたりの痛みは2週間越あたりで解消しました。頭の皮膚のつり感は一ヶ月頃には消えました。何より驚いているのは、シミが薄くなっていることです。最初は顔が腫れたのでマスクをしてしのいでいましたが、今は大丈夫です。ウルセラやって良かったです。

引用:https://jsaps2017.jp/review/catalog/117/

後遺症が落ち着くまで2週間~1か月ほどかかったようですが、ほうれい線やシワの改善が確認できました。その他にも、シミが薄くなっているという効果も実感できています。

ウルセラの悪い口コミ

腫れがひどく1週間くらいは外に出られませんでした。効果は、多少引き締まったかなという程度です。金額に見合った効果とは言えないです。

引用:https://jsaps2017.jp/review/catalog/117/

照射した部分に脂肪組織が多いと軽いむくみや腫れが起こりやすいとされています。一般的に、腫れは施術後5日~1週間ほど続くとされていますが、心配な人はクリニックに相談しましょう。

効果は直後はフェイスラインがスッキリして、顔が短くなった気がしました!しかしこれは熱による収縮作用で一時的なものだったのだ、と今では思います。。5日後くらいにはだんだん元に戻ってきてしまい、2週間後にはほぼ完全に元通りでした。40代では自己治癒力が落ちるので、「徐々にコラーゲンが増える」という宣伝文句はアテにしない方が良いと思います。

引用:https://jsaps2017.jp/review/catalog/117/

年齢とともに体の新陳代謝も落ちているので、施術の効果を長続きさせるためには生活リズムや食生活の見直しが必要な場合もあります。事前のカウンセリングや施術後の診察で相談してみるといいでしょう。

ウルセラの料金

ウルセラの施術料金はクリニックによってかなり差が出ます。

これはウルセラが自由診療なので、施術するクリニックが自由に設定することが理由です。

ウルセラの1回あたりの施術料金は、顔全体のみなら15万弱~40万前後、顔全体に首など他の部位が加わると20万~50万前後が平均的です。他に、施術中の痛みを和らげる麻酔クリームや無痛麻酔を用いると5万前後プラスになることもあります。

金額だけ見ると高額に思えますが、料金をあまりに安く設定しているクリニックは実績や経験が伴っていなかったり、アフターフォローが適切に受けられなかったりする場合もあるので注意しましょう。

ウルセラはこんな人におすすめ

こんなお悩みがある人は、ウルセラを検討しましょう。

  • 顔全体や首のたるみが気になる
  • フェイスラインを引き締めたい
  • リフトアップはしたいが、顔にメスを入れるのに抵抗がある
  • ダウンタイムを短くしたい
  • メンテナンスを半年に1回程度に抑えたい

ウルセラは外科的な処置を一切行わないため、忙しく時間が取れない人やすぐに日常生活に戻りたい人に適しています。また、効果の持続期間は半年~1年ほどとされているので、無理のない範囲でメンテナンスできます。

痛みに関しては、ウルセラの特性からして避けて通ることはできません。痛みが気になる人は、麻酔クリームなどが追加できるクリニックや、ウルセラQプラスを選ぶといいでしょう。

小顔注射(BNLS neo)1

ウルセラ治療のよくある質問

ウルセラに関して、よくある質問を集めてみました。

ネットで検索すると、ウルセラの良い情報も悪い情報もいろいろ出てきます。ここでは、実際にウルセラの施術を申し込む前に解消しておきたい疑問を解説しています。

Q.効果はいつから感じられる?

ウルセラの効果はすぐに現れるものではありません。

施術直後でもフェイスラインが引き締まっているように感じることもありますが、本来の効果は施術してから数か月かけて徐々に現れてきます。的確な部位に適切な出力・方法で照射できていれば、施術後1か月程度で効果が実感できるようになり、2~3か月後あたりが効果のピークとされています。

効果の現れ方は部位によっても差があり、最も早いのがあご周りのたるみで、早ければ1か月程度で実感する人もいます。逆にゆっくり現れてくるのが頬のたるみで、2~3か月程度かかるのが普通です。

Q.後遺症が残ることもあるって本当?

ウルセラの施術後には、次のような後遺症・副作用が起こることがあります。

  • 肌の赤み
  • 筋肉痛のような痛み
  • 神経痛・軽いしびれ

肌の赤みは施術直後に見られることがほとんどで、遅くとも翌日には消えていきます。この時の肌は非常に乾燥しやすくなっているので、普段以上にしっかり保湿するようにしましょう。その他の痛みや軽いしびれがあった場合にも、多くは10日~1か月ほどで消失するので心配いりません。

ただ、あまりに強く痛んで生活に支障が出る場合や、時間が経っても改善しない場合はクリニックに相談するようにしましょう。

Q.ほうれい線やしわまで解消できる?

ウルセラは、顔全体の印象を引き締めたい人にもおすすめです。

ウルセラの主な効果は顔周りのリフトアップですが、ほうれい線やシワの改善、毛穴の引き締めもできるとされています。

実際、あごや頬への施術に伴ってほうれい線やシワが一緒に引き締められます。また、肌が活性化されてコラーゲンが再合成され、毛穴の開きや肌質が改善したという例も多数あります。

ほうれい線など頬周りへの効果が実感できるのは3か月程度後になるので、施術直後に劇的に変わるわけではありません。効果がゆっくり現れてくるのを待つといいでしょう。

Q.どこのクリニックでも大丈夫?

ウルセラによるリフトアップ術を提供しているクリニックは数多くありますが、中には偽造された機器を扱っているところもあるので注意が必要です。

偽造品は安全性や効果の再現性に乏しいものがあり、高額な料金を支払っても出力が弱くて効果が実感できなかったり、最悪の場合大切な顔にやけどや傷を残してしまう可能性もあります。

クリニックを選ぶ際には、米国FDAに認可された正規品のウルセラを使用しているかを判断基準にします。公式HPに明記してあることを確認するか、詳細が分からない場合には必ず施術前に確約を得てから検討しましょう。

Q.妊娠中でも施術できる?

ウルセラは顔や首回りにアプローチする施術なので、基本的にはお腹の赤ちゃんに影響はありません。

しかし、施術にはある程度の痛みや副作用・後遺症が伴います。妊活中・妊娠中は肉体的にも身体的にも不安定な部分があり、施術によって思わぬストレスを受ける可能性も否定できません。

そのため、妊娠中や妊娠の可能性がある女性の施術を受け付けていないクリニックもあります。また、産後間もない授乳中もストレスを受けやすいので、同じく施術を受け付けていない場合も多いようです。

したがって、ウルセラは授乳が終わった後から受けることになります。

Q.ウルセラの効果は期間限定?

ウルセラの効果は、1回の施術で大きな効果を得ることができ、通常6か月~1年ほど持続します。

しかし、施術から時間が経てば徐々に効果が薄れていくものです。

年齢や生活習慣、施術後のアフターケアなどの状況によっても個人差があり、1度の施術で半永久的に持続するわけではありません。しかし、施術してから数か月以内をめどに再施術することで効果が高まり、持続期間も長くなることが知られています。

多くのクリニックで推奨されている施術間隔は6か月に1度程度で、もともとの肌の状態や理想のフェイスラインなどによって前後します。

Q.サーマクールとの違いは?

ウルセラとサーマクールでは、熱照射の深さ・範囲が違います。

ピンポイントを狙って施術するウルセラと違い、サーマクールは広い範囲を一気に引き締める施術です。

サーマクールは比較的浅い層に高周波を照射して、脂肪組織を支えるコラーゲン繊維層を素早く収縮させることで、高い引き締め・小顔効果を発揮します。ウルセラと違って、筋肉や神経がある深い層までは届かないので痛みも少ないとされています。

また、サーマクールで照射する高周波には皮脂腺の収縮作用もあるので、ニキビ跡や毛穴の開きが気になる人にもおすすめの施術です。

ウルセラの効果のまとめ

ウルセラは、高いリフトアップ効果が得られる美容医療です。

正規品のウルセラを使用し、経験豊富な医師が施術してくれるクリニックを条件として、すっきりとしたフェイスラインと美しい肌を手に入れましょう。

ウルセラの実績と料金で選ぶなら、FDA承認の正規医療機器で施術する湘南美容外科がおすすめです。初めてウルセラを受ける人にも安心な手厚いサポート体制が整っていることも大きな魅力です。

【公式サイト】https://www.s-b-c.net/

湘南美容外科の24時間対応のWEBカウンセリング予約なら、今すぐ待たずに予約できます。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。