ひみつのビューティーパーク

Beauty Park Japan

2017年11月9日 更新

大根の葉は捨てちゃダメ! 実は栄養の宝庫なんです

大根はゆでてよし、煮てよしの人気野菜ですね。ただ、一般的に食べられるのは白い根の部分で、葉は切り落として捨てる人が多いかと思われます。実は、大根の葉はとっても優秀なのです! そんな大根の葉について解説します。

根より葉の方が優秀なんです

Free photo: Radish, Red Radish, Radish Fields - Free Image on Pixabay - 992709 (1155)

さて、皆さんに聞いてみたいことがあります。

大根の葉って、いつもどうしていますか? 買い物の時点で、切り落としてもらいますか? それとも、自宅で料理する時に切って捨ててしまっていませんか?

白い根の部分に目が行きがちですが、実は大根の葉は、大変優秀な食材なのです。

カルシウムは根の10倍以上!

Free illustration: Profits, Revenue, Business, Income - Free Image on Pixabay - 1953616 (1156)

根と葉の最大の違いは「栄養価」です。

文部科学省の食品成分データベースを使って、栄養価を比較してみましょう。可食部分100gあたりの成分表から抜粋してみました。

根(100g)

   
カルシウム 23mg
ビタミンC 11mg
βカロテン 0μg
カリウム 230mg

葉(100g)

   
カルシウム 260mg
ビタミンC 53mg
βカロテン 3,900μg
カリウム 400mg

なんと、大根の根より、遥かに栄養価が高いのです。

主要成分を軒並み上回っており、カルシウムだけでいうと10倍以上の差があります。特筆すべきは、βカロテンの含有量。この数値からすると、もはや立派な「緑黄色野菜」と言えます。

27 件

関連する記事