ひみつのビューティーパーク

Beauty Park Japan

2017年10月17日 更新

キールズ、坂本美雨との限定コラボチャリティーラベルのクレイマスクを発表

5月23日、キールズとアーティスト坂本美雨さんとのコラボレーションによるチャリティーラベル「キールズ レアアース マスク(限定パッケージ)」の発表会がアルモニーソルーナ表参道で開催されました。

キールズ レアアース マスク(限定パッケージ) 142g 3,600円(税抜) 現在発売中

キールズは”利益を得るためだけでなく、地域社会に貢献する”というミッションを1世紀以上前から掲げ、環境保護や子供たちのサポート、HIV/エイズ研究への支援の3つを軸に、グローバルで積極的なチャリティー活動に励んでいます。 キールズ・ジャパンとしては、2017年より未来を担う子供たちに、豊かで公平な感性のもと、笑顔あふれる温かいコミュニティーを築いてほしいという願いから、動物愛護活動を通じ、命の大切さを伝えるためのチャリティー活動をスタートしています。

その活動の一環として、「キールズ レアアース マスク(限定パッケージ)」の売上純益100%は一般社団法人「ランコントレ・ミグノン」に寄付され、主に動物達へのフード資金となりその他動物愛護活動資金や子供の情操教育に役立てられます。

チャリティーコラボレーションパートナー 坂本美雨

この度、この活動のパートナーにアーティストの坂本美雨さんが迎えられました。 当日は坂本さんご本人が登場! 坂本さんは一児の母でありながら、積極的に動物愛護活動に取り組まれています。この活動に対する想いを話されました。

左:坂本美雨さん 右:愛猫 サバ美ちゃん

右:坂本美雨さん

坂本さん「私は幼少期をニューヨークで過ごしたのですが、チャリティー活動が身近なものでした。ペットを飼うときも、ペットショップへ行くのではなく、保護シェルターへ行くのが一般的だったのです。日本へ来たら、その風潮がなく驚きました。チャリティー活動も、敷居が高く感じている方も多くいらっしゃるような気がします」 「愛猫の”サバ美”も元々の飼い主に虐待されて保護されていた猫を私が引き取りました。ペットショップへ行ってはいけないと言うつもりは無いのですが、選択肢の1つとして保護されている動物を飼うということもあるのだと、もっと伝えたいという想いがずっとありました。そんな中キールズさんからお話を頂いて、同じ志だったのでぜひ一緒に活動したいと思いました」

会場には坂本さんの愛猫のサバ美ちゃんを保護していた、一般社団法人ランコントレ・ミグノン代表である友森玲子さんも壇上されました。

チャリティー活動を明るく大勢で”楽しみたい”

中央:坂本美雨さん 右:友森玲子さん

友森さん「私はチャリティーや動物愛護活動の敷居をもっと低くして、明るく大勢で”楽しみたい”と思っています。しかし、餌や設備の維持費でお金がかかるのも事実です。犬や猫が好きだけど何をしてよいかわからないという人はこの商品を通して参加してもらえたら嬉しいです」 坂本さんがサバ美ちゃんを引き取ったことが縁で友人関係にあるという二人。和やかなムードでトークが進みました。

キールズ レアアース マスク(限定パッケージ)

キールズ レアアース マスク(限定パッケージ)

限定パッケージは、”動物のふれあい”をイメージしイラストレーターの前田ひさえさんによるやわらかいタッチのイラストが描かれています。左は坂本さんの愛猫のサバ美ちゃんで右がランコントレ・ミグノンの看板犬とつこちゃんです。 パッケージが愛らしいだけではなく、アマゾン川のミネラルたっぷりと含んだアマゾンホライトクレイ配合のクレイマスクで、毛穴の開きや黒ずみの原因となる過剰な皮脂を吸着して除去してくれます。 これから夏に向かうにつれ、汗や皮脂が気になる人はクレイマスクを取り入れてスキンケアする人も多いはず。 自分の肌のために購入することが、動物達のためになるので、美容感度が高いBeauty Park読者も取り入れてみては! 問い合わせ/KIEHL'S SINCE キールズ 03-6911-8562 http://www.kiehls.jp/


関連する記事

Peel the Apple特別インタビュー! アイドルのヒミツ聞いちゃいました♡【ビューティーパークPR大使就任記念】

2020年12月29日、全世界のグループ・個人を対象に次世代を担うアイドルの頂点を決めるコンテスト「NEXT IDOL GRANDPRIX(ネクストアイドルグランプリ)2020」の決勝戦が行われました。グランプリに輝いたのは「26時のマスカレイド」新メンバーオーディションから誕生したアイドルグループ「Peel the Apple(ピールジアップル)」!! 一度はオーディション落選という過去を経験し、さらに強く美しくなった彼女たちが栄光を手にしました。今回は副賞として贈られたビューティーパークPR大使就任を記念して、特別インタビューを敢行。ぴるあぽ(Peel the Apple略称)の「かわいい」のヒミツに迫ります。(2021年2月12日オンラインにて実施/敬称略)
髙橋 沙羅 | 258 view
ビューティーパーク通信

美容専門学校講師がやっている美のちりつもルーティーンとは?【タカラ美容専門学校・小林 正美先生編】

いろいろあった2020年……不安なことや悩みごとが山積みのうえ、生活習慣も変化。眠れない夜が増えた方もいらっしゃるかもしれません。心と身体のバランスが上手くとれないと、どうしても不調を感じる身体のパーツが増えてしまいます。お肌もそのなかの一つ。本来の調子を取り戻すためにも、2021年は時間と手間をかけてあげたいところです。ただそれも正しい方法でないと意味がありません。今回は美肌のプロであるタカラ美容専門学校副校長・小林 正美先生の美のルーティーンをビューティーパークだけにこっそりと教えていただきました。(2020年12月24日オンラインにて取材実施)
髙橋 沙羅 | 232 view
マメ知識

コーセーから今秋発売! 雪肌精の新シリーズ「クリアウェルネス」を使ってみました!!

和漢植物エキスをふんだんに使用した効能特化型のスキンケアシリーズとして、長年愛され続けてきた「雪肌精」。第1次自然化粧品ブームの最中である1985年に誕生してから今日までの35年間、性別や年代を超えた数多くのユーザーを透明感あふれる素肌へと導いてきました。そんな雪肌精が誕生35周年を機に、なんと初の全面リブランディングを実施。2020年9月16日に新シリーズを発売することを発表しました。今回は店頭に並ぶより一足先に雪肌精新シリーズの特徴や筆者が実際に使ってみて感じた使用感をご紹介します。
髙橋 沙羅 | 25,395 view
PR

エイジング型を見極め、イプサのターゲットエフェクトで効率的にケア

イプサの新スキンケアアイテム「ターゲットエフェクト」の発表会がTABLOIDにて開催されました。今回ミレニアル世代へのアプローチを意識し、その世代が“効率的に攻略する”RPGゲームの世界観で新製品が表現されました。
玉絵ゆきの | 1,141 view

影と光のコントラストとリバイバルカラーで魅せる、KANEBOの秋

8月29日、「KANEBO 2017AW新商品発表会」がアクトスクエアにて開催されました。KANEBOは2017年秋、小説家・谷崎潤一郎氏の「陰翳礼讃(いんえいらいさん)」という随筆からイマジネーションを得て、“影が美しいと光が際立つ”メイクアップに着目。

この記事のキーワード