ひみつのビューティーパーク

Beauty Park Japan

2017年11月9日 更新

【自由が丘】ヘッドスパより、髪に必要なのは「スカルプケア」

今回は、ヘアープランナーSeraphiqueでスカルプケアを体験。正しいスカルプケア方法を学びながら、皮膚の内部にある皮脂まで取り除いて健康な髪を育みましょう。

シャンプーをしたあとは、トリートメントを塗布します。手でお湯を何度もかけて少しずつ乳化し、成分を充分に浸透させてから洗い流します。

5. マッサージ

頭皮のマッサージ

髪を乾かす前に、頭皮のマッサージをします。こめかみに小指が当たる位置に手を置き、頭頂部にしわを寄せるイメージで頭皮をグッと押し上げます。

「頭皮が硬くなって栄養が運ばれづらくならないように、頭皮のマッサージを習慣化してください。頭蓋骨と頭皮の動きをスムーズにしておくことで、頭皮の弾力が回復します」

ヘアープランナーSeraphiqueのスカルプケアは、フェイスラインのリフトアップを目的に通う人も多いそう。

「フェイスラインをリフトアップするためには、顔のマッサージだけでは効果が得られません。頭皮を上に引き上げることで、フェイスラインが上がります。クリニックでリフトアップ手術をする時、頭頂部を上に引き上げるのがよい例です。頭皮は、正常な状態ではギュッと詰まっている状態です。しかし、何かしらのトラブルで不健康になると、毛穴が開いて下にたるんでしまうのです。頭皮が1mm上がると、フェイスラインは1cmリフトアップすると言われています」

頭皮のマッサージ:自分でのやり方

自分でマッサージをする時には、上画像のようにハチまわりに手のひらをあてて行います。湯船の中など血行がよくなった状態でマッサージをすると、より効果的だそうです。

6. 仕上げ

ブロー

頭皮のマッサージをしたあとは、髪を乾かします。

「髪を乾かす時は、根本から乾かし、頭皮を乾かしきるようにしてください。頭皮には常在菌があるので、生乾き状態で放置すると、においやフケ、かゆみにつながります」

ブラシを使ったブロー

根本が乾いたら、ブラシを使いながらブローをします。

72 件

関連する記事

この記事のキーワード