ひみつのビューティーパーク

Beauty Park Japan

2022年7月1日 更新

【自由が丘】ヘッドスパより、髪に必要なのは「スカルプケア」

今回は、ヘアープランナーSeraphiqueでスカルプケアを体験。正しいスカルプケア方法を学びながら、皮膚の内部にある皮脂まで取り除いて健康な髪を育みましょう。

左奥にある黒い機械が、高周波の機械。独自開発のため、寄りでは撮影できませんでした。

頭皮のトリートメント

首、頭皮も同様にトリートメントをしていきます。

3. シャンプー

予洗

続いて、シャンプーでトリートメント時に用いたジェルと皮脂を落とします。

「シャンプーをつける前の予洗が大切です。お湯だけで7~8割の汚れは落ちるので、『髪を濡らす』のではなく『汚れを落とす』ことを意識して洗ってください」

「洗髪の頻度は、頭皮のことを考えると、毎日がベストです。よく髪のダメージ軽減のため、1日おきに洗髪するという人がいますが、頭皮が不衛生な状態では健康な髪は育ちません。忘れがちなことではありますが、頭皮も肌の一部です。洗顔を1日おきにする人はいないことを考えれば、頭皮も然りです」

シャンプー

予洗をしたあとは、シャンプーで洗髪します。

「シャンプーをする時に最も気をつけてほしいことは、頭皮に触れないことです。ひと昔前までは、指の腹を使って、頭皮をマッサージしながらシャンプーするのがよいとされましたが、肌や頭皮の研究が進んだいまは、頭皮に触れないで洗髪するのが正しいやり方です。洗顔と同じように、たっぷりと泡立てた泡を頭皮の上で転がすようにして洗ってください。スカルプケアで迷うことがあれば、『肌ならどうするか』を考えてみましょう。指の腹でゴシゴシとこすりながら洗顔をする人はいませんよね?」

「また、お客様からシャンプーの選び方をよく聞かれますが、シャンプーは頭皮で、トリートメントは髪で選んでください。シャンプーとトリートメントは、セットやシリーズ売りがほとんどですが、頭皮と髪の状態は一致しません。例えば、いまの頭皮は皮脂がやや過剰であるのに対し、髪は乾燥して少しパサつきが気になる状態です。こういう場合は、シャンプーはさっぱりタイプ、トリートメントはしっとりタイプを選びます」

洗髪を1日おきにしている人は、毎日に変えるだけで頭皮に残る皮脂量がだいぶ減るそうです。また、シャンプーをする時、頭皮にはまったく触れていないことが衝撃でした。頭皮も肌であることを考えると、確かに頭皮だけゴシゴシと洗うのは変ですね。

4. トリートメント

トリートメント

72 件

関連する記事

いま注目の訪問カットとは?料金やサービス内容を簡単に解説

QOL(クオリティ・オブ・ライフ)への意識が高まってきたことで、近年は美容分野でも福祉の充実が求められています。しかし、訪問カットができる美容室は少ないこともあり、料金相場やサービス内容については詳しく知られていません。そんな謎に包まれた訪問カットについて、この記事では分かりやすく説明していきます。
トレンド情報

スーツでキメる成人式!男子におすすめのメンズヘアスタイル10選

まもなく成人式。女性の場合は振袖を着ることが多いのに対し、男性は袴よりもスーツで参加することが多いと思います。そこで、成人式の一張羅にふさわしいおすすめの髪型をピックアップしました。 もちろんスーツだけでなく袴に似合うものもあるので、ぜひ晴れの日に備えて今回紹介する10パターンの髪型を参考にしてみてください。
久保井美愛 | 2,630 view
トレンド情報

【東京都】セルフホワイトニングができるおすすめのサロン特集

輝く白い歯は誰もが憧れるもの。セルフホワイトニングなら白い歯が簡単に安く手に入ります。歯を削る歯医者のホワイトニングとは違い、痛みもありません。あなたの笑顔を輝かせる東京都内のセルフホワイトニングサロンをご紹介。ぜひお近くのサロンで白い歯を手に入れてください。
トレンド情報

【大阪府】初めてでも失敗しない!大阪でおすすめの人気美容室5選

このコラムでは、大阪で人気の高い5店舗を厳選してご紹介します。新しい美容室へ行きたい方、自分に一番似合う髪型になりたい方におすすめです。髪や顔周りに関するお悩みは、髪質や骨格を意識したカットで解決できます。本当に自分に合う美容室を見つけ、理想のスタイルを手に入れてください。
久保井美愛 | 1,387 view
大阪府|ヘアサロン

アシンメトリーとは?人気カタログに見る真似したいヘアスタイル12選

アシンメトリー (asymmetry)とは、左右非対称を意味する英語由来の言葉です。髪の長さやカラー、スタイルが左右で異なるデザインに使われています。ヘアスタイルのほか、ファッションにおいてもよく用いられており、略して「アシメ」と呼ばれることも。絶妙なアンバランスさが独特の雰囲気を醸し出すスタイルです。 それでは早速、さまざまなアシンメトリーをご紹介します。
トレンド情報

この記事のキーワード