ひみつのビューティーパーク

Beauty Park Japan

2017年11月9日 更新

【自由が丘】ヘッドスパより、髪に必要なのは「スカルプケア」

今回は、ヘアープランナーSeraphiqueでスカルプケアを体験。正しいスカルプケア方法を学びながら、皮膚の内部にある皮脂まで取り除いて健康な髪を育みましょう。

今回は、自由が丘にあるヘアープランナーSeraphique(セラフィーク)でスカルプケアを体験。

ヘッドスパが頭皮の表面(表皮)にある汚れしか取り除けず、1日で元の状態に戻ってしまうのに対し、スカルプケアは頭皮の内部・真皮にある皮脂腺に溜まった余分な皮脂まで取り除くことができます。回数を重ねることで頭皮の環境が整い、髪にうるおいやボリュームを与えます。

特に、2~3ヶ月に1回など定期的にカラー、パーマをしている人は、1度頭皮を診てもらうことをおすすめします。最近のカラーやパーマは、ダメージが少なくなってきたとは言え、やはり頭皮にはダメージが蓄積します。髪に違和感を感じる前に、いまからケアすることが重要です。

「スカルプケア」 90分~ 11,880円

1. カウンセリング
2. 高周波マイナスイオントリートメント
3. シャンプー
4. トリートメント
5. マッサージ
6. 仕上げ
7. 施術後のカウンセリング

※男性スタッフが施術します。
※カラー、パーマ当日の予約は避けてください。頭皮の炎症を和らげるため、カラー、パーマ翌日~3日後がおすすめです。
※施術の都合上、上半身はケープに着替えます。ワンピースやオールインワンの着用は避けてください。

1. カウンセリング

カウンセリングシートを記入。

カウンセリングシート

まずは、カウンセリングシートに普段の食事や睡眠時間、カラーやパーマの頻度などを記入します。

マイクロスコープで撮影した頭皮の状態を見ながら、カウンセリングシートをもとに診断します。

スカルプケアを担当するのは、ヘアープランナーSeraphiqueの代表、新井隆央さん。(写真左)

「28歳まで会社員をしていた」という、異色の経歴を持つ新井さん。転機は、ご自身の脱毛で悩んでいた時に、高周波の機械と出会ったことでした。元々電気関係の会社に勤めていたことで知見があり、『高周波の機械で頭皮を刺激すれば、育毛につながる』と確信した新井さんは、一念発起して高周波を用いた独自の機械を開発。新井さんの読みどおり、ご自身の髪は使い始めてから2年で生え揃い、モニターの髪も改善したことから、ヘアープランナーSeraphiqueが誕生しました。

開業から16年、「ヘアープランナー」になってからは21年目とベテランな新井さんは、とにかくスカルプケアの知識が豊富。日常生活が原因で頭皮に与える影響や脱毛のメカニズム、自宅でのスカルプケア方法などを学びながら、分かりやすく、すぐに実践できるアドバイスをもらえます。

「本来髪のボリュームがなくなる年齢は、女性の場合、ホルモンバランスの変化が起きる閉経時、生体機能が衰えていく70歳以降の2つのみ。それ以前に、『髪質が変わった』『髪が細くなってきた』『髪のボリュームがなくなってきた』と感じる時は、頭皮の状態が悪化しているサインです。実は、『脱毛=髪が細く生え変わること』。カラーやパーマを3~5年以上続けている人は、どんなに若くても頭皮に異常をきたしています。虫歯と一緒で、悪くなってからでは治りづらいので、いまから頭皮美容液でしっかりとケアしてくださいね」

マイクロスコープで撮影した頭皮の状態を見ながら、日常生活で頭皮に悪影響を及ぼしている原因を探ります。

72 件

関連する記事

この記事のキーワード