ひみつのビューティーパーク

Beauty Park Japan

2022年6月9日 更新

爪の甘皮とはどこ?甘皮処理をしなければ指先はきれいに保てない!?

甘皮とは、爪と皮膚の間にある半透明の薄い皮のことで、爪の根元にあります。爪は皮膚の角質が変化して硬くなったものできたもので、甘皮も皮膚角質と同じです。甘皮は専門用語で「爪上皮(そうじょうひ)」といわれています。 適切にケアすることで指先をきれいに見せたり、ネイルのモチが良くなったりするため、甘皮処理はネイルの施術前にも行われます。甘皮処理の正しい知識を身につけ、健康的で美しい爪を目指しましょう。

甘皮処理はなぜ必要?

甘皮はまだ角質化しきっていない新しい爪である爪半月(根元にある乳白色の部分)を保護するとともに、爪と皮膚の間から細菌が入り込まないようにする役割を持っています。キューティクルとも呼ばれており、爪の健康維持には欠かせません。

甘皮は保湿力に欠けるのが特徴です。そのため、必要以上に広がったり厚みを増したりすると、本来爪に必要な水分まで奪ってしまうため爪の乾燥につながり、爪が割れたり、二枚爪やささくれの原因になったりします。

爪をきれいに保つには、定期的に正しく甘皮処理を行うことが大切です。また、ただ単に甘皮処理をするのではなく、甘皮処理後にネイルオイルを塗ったり、ハンドマッサージをしたりすると、さらにきれいな指先へ近付くことができるでしょう。

なお、甘皮の生え方には個人差があり、指によっても甘皮の程度は異なります。適切な甘皮処理をすることですべての爪が等しく整い、きれいに見せることができるのです。

甘皮処理のやり方

甘皮処理は自宅でも簡単にできるため、自分で道具をそろえてお手入れしている方も少なくありません。しかし、甘皮処理は正しく丁寧に行うことが必須です。甘皮に過度の刺激を与えたり、必要以上に切りすぎたりしてしまうことで、爪をつくり出す爪母に悪影響を及ぼし、爪の変形や縦線などが生じてしまいます。また、爪や生え際の皮膚を傷つけてしまうケースや、甘皮の取りすぎで細菌が入り込んでしまうことも。

セルフで甘皮処理をすると上記のような危険性があるので、きちんとした道具や知識のあるネイルサロンで甘皮処理をしてもらうのがおすすめです。甘皮処理のやり方はサロンによって異なりますが、おおむね以下の手順で行われることが多いようです。
  1. 指先をお湯に浸し、甘皮を軟らかくする
  2. キューティクルプッシャーやウッドスティックなどで甘皮を根元に押し上げる
  3. 余分な甘皮やルーズスキン(甘皮の下にある薄い膜)をカットする
  4. 指先を保湿して仕上げる
甘皮がそこまで気にならない場合、カットの工程は省かれることもあります。

甘皮処理の頻度はどれくらい?

きちんと甘皮処理をしても、爪が伸びるのと同じように新しい甘皮がすぐ生えてきます。そのため、定期的なお手入れが必要です。とはいえ、先ほど述べたようにやりすぎは禁物なので、あまり多すぎるのも良くありません。どれだけ多くても10日~2週間ごとに行うのが望ましいです。基本的には、見た目が気になってきたらサロンへ行くのが良いでしょう。ネイルをしている場合は、ネイルの付け替えと同時に行うのが良いと思います。

ネイルの施術前には必ずと言っていいほど、甘皮処理が行われています。ですが、サロンによっては、ネイルケア・ハンドケアメニューを別で用意しており、通常のネイルメニューに付随する甘皮処理は比較的簡単に済ませてしまうところもあるので気をつけましょう。

甘皮処理をケアメニューとして頼む場合、通常1,000円程度から施術できますが、店舗によっては5,000円程度かかることもあります。料金が高くなる理由は、甘皮処理だけでなく爪の形を整えるファイリングや表面磨き、ハンドマッサージなどのメニューがセットになっているからです。サロンで施術を受けるときには、どこまでがサービスに含まれているのかを事前に確認しておきましょう。

セルフでできる甘皮処理

ネイルサロンに行く時間がなかなか取れなかったり、ネイルケアを自分で行っていたりする場合には、自宅でできる範囲で甘皮処理をするのも一つの手です。セルフ甘皮処理方法をご紹介するので、自宅でのセルフケアが良いという方はぜひ参考にしてみてください。
  • 用意するもの
    • 洗面器
    • コットン
    • ウッドスティック(キューティクルプッシャーでも可)
    • ガーゼ
    • ネイルオイル(化粧水とクリームでも可)
  • セルフ甘皮処理の手順
    1. 洗面器に40度程度のお湯を張り、指を浸けて甘皮を軟らかくする
    2. ウッドスティックにコットンを巻きつけ、コットンを水で少し湿らせたもので優しく甘皮を押し上げる ※根元に向かって円を描きながら、痛みを感じない程度に押し上げるのがポイント
    3. 水で濡らしたガーゼで優しく甘皮を拭き取る
    4. 爪の生え際を中心に、ネイルオイルを塗って保湿する
22 件

関連する記事

【2022注目】メンズネイル解説&都内の男性歓迎ネイルサロン紹介

ネイルサロンは女性だけでなく、男性も行けることをご存知ですか? メンズネイルに興味のある方も、男がネイル? と思っている方も、メンズネイルの世界を知ればネイルがしたくなるはず! Beauty Park厳選の男性歓迎ネイルサロンも紹介します。
もじゃ | 85 view
東京都|ネイルサロン

【旅行×美容】リゾート地の絶景サロン3選

2022年夏、久々に旅行を計画されている方は必見! 「旅のついでにキレイになる」という選択肢があることをご存知ですか? 喧騒を離れ、非日常の中で癒しの美容体験――。 旅先で絶景に囲まれながら施術を受けられる美容院、ネイル、リラクゼ-ションサロンを厳選してご紹介。
もじゃ | 217 view
人気サロン

【2022年保存版】海外のおしゃれなネイルデザイン特集【ショートネイル】

海外のネイルだとロングネイルや原色系のはっきりした色合いのデザインばかりだと思っていませんか?最近の海外のネイルデザインでもショートネイルやシンプルだけどおしゃれなネイルデザインが増えてきているんです!今回はBeautyPark編集部が最新の海外ネイルデザインの中でもおしゃれなショートネイルデザインをピックアップしてご紹介しちゃいます!
haru | 113 view
トレンド情報

魅惑のぷるぷる感♡ 真夏のフルーツネイル特集【セルフネイルのポイントも!】

みずみずしいフルーツは暑い季節にぴったり! ネイルデザインとして指先に落とし込めば、あなたの夏をカラフルに彩ってくれますよ。今回はデザインの紹介だけでなく、セルフでフルーツネイルをかわいく再現するためのコツをお教えしちゃいます!セルフネイル派さん必見です。
髙橋 沙羅 | 99 view
ネイルサロン

【2022年最旬】人気の夏ネイルデザイン7選!【ハンドネイル】

もうすぐ夏休みの学生の方も、これからレジャーの計画を立てる方も、夏のネイルデザインは決まりましたか?マニキュアやポリッシュでシンプルに塗るのもいいですが、せっかくなのでネイルサロンに行って、普段セルフネイルではできないようなネイルデザインを選んで最高の夏を過ごしてみませんか? この記事では2022年最新の夏ネイルデザインから編集者イチオシのネイルデザインを厳選してご紹介します!
haru | 250 view
トレンド情報

この記事のキーワード