ひみつのビューティーパーク

Beauty Park Japan

2020年6月29日 更新

サロンの無断キャンセルは犯罪!?トラブルにならないキャンセル方法

サロンの予約をするのは簡単ですが、キャンセルの仕方はなかなか載っていないもの。「キャンセルしたいけれど方法や言い方がわからない」という方は少なくないのではないでしょうか。キャンセルしたくても伝えるのは気が引ける、キャンセルしたら悪く思われないだろうかと尻込みする気持ちはよくわかります。そこで今回は、キャンセル時の注意点や予約時に確認すべきことについてまとめました。キャンセルする時の例文も載せたのでぜひ参考にしてください。

キャンセルするうえでの注意点

キャンセルにもさまざまなケースがありますが、どんな理由や状況であれ、キャンセルによってサロンに損害を与えるという事実は変わりません。まずはそのことを念頭に置いて誠実に対応しましょう。それではキャンセルする時に気をつけるべきことをひとつずつご紹介します。

無断キャンセルだけは絶対NG!

簡単に予約できて気軽に行けるのがサロンの魅力のひとつ。そのため、ついうっかりと予約したことを忘れてしまったり、気楽にドタキャンしたりする方も一定数います。しかし、時としてそれは大問題に発展してしまうことも……!

実は、サロンに予約した時点で既にあなたとサロンの間で契約が成立しています。したがって、正式な手順を踏まずにキャンセルした場合は契約不履行となってしまうのです。実際、去年の秋に無断キャンセルを立て続けにされた店側が訴え、業務妨害容疑として認められた事件がありました。この事件の被害者はサロンではなく飲食店で、容疑者は明確な悪意を持った人間でしたが、店舗に損失を与えるという点では、サロンで日常的に発生している無断キャンセルも同様です。サロンやあなたの対応次第では、裁判沙汰になることもあり得ない話ではありません。 キャンセルする時は必ず連絡するようにしましょう。

キャンセルの連絡は余裕を持ってする

都合がつかないことが判明した時点ですぐにサロンへ連絡してください。早めにキャンセルすれば他のお客様が予約できるかもしれないからです。サロン側の損失を抑えることができれば、悪印象を持たれることはほとんどありません。次からも気兼ねなくそのサロンへ行けます。お互いのためにも、できるだけ早くに連絡するようにしましょう。

また、すべてのサロンが設けているわけではありませんが、サロンによってはキャンセル料を設定しているところがあります。基本的には段階的に料金設定しており、キャンセルした日が予約日に近いほど値段が高くなる仕組みです。キャンセル料を請求された場合、法的な支払い義務が発生します。仮に無視したとしても、延滞料金がさらに上乗せされるだけです。

余分なお金をかけないようにするためにも、キャンセルの連絡は早めにしてください。

誠実に対応する

先ほども述べた通り、キャンセルがサロンの不利益になることは間違いありません。ここでどう対応するかによって、あなたの人間力が問われます。また、今後そのサロンへの行きやすさや過ごしやすさにも影響するでしょう。

では、誠実な対応とは具体的にどうすることなのでしょうか。これには3つの大きな柱があります。

34 件

関連する記事