2015年5月26日 更新

気が付いたら爪が割れていた!そんな時に使えるカンタン応急処置

top_thum

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

BeautyPark 編集部

せっかく伸ばしてたのに…としょんぼりしてしまう爪の割れ。乾燥する時期や爪の薄い方、手仕事の多い方に多く見られる悩みです。そんな悩める女性たちにこれ以上割れが進まないように補修しながらうまく隠してキレイなネイルもキープできる、カンタン応急処置をご紹介します!

ティッシュペーパーとトップコートを使って爪の表面を保護

はじめに、普通の2枚組のティッシュペーパーを1枚にして、爪と同じぐらいの大きさにカットします。次に、割れてしまった爪にトップコートを塗り、その上にさきほどカットしたティッシュを乗せます。(※乾く前に乗せてください。)ティッシュを乗せて少し待機し、乾いた頃にもう一度トップコートを塗ります。トップコートを塗ることで、白いティッシュも透明になるので、目立たなくなります。

ネイルグル―で割れをしっかりくっつける

まず、つけ爪等をつけるネイルグル―を用意します。ネイルグル―を爪の亀裂部分に丁寧に塗っていきましょう。この際、指につかないように注意して、慎重に塗ってください。塗り終わったら、ピンセットなどで割れた部分を押さえて固定するとくっつきやすくなります。乾いたら上からトップコートを塗って完成です。

ネイル用品が無いときは接着剤で補修を!

トップコートやグル―も無い、そんな時は、瞬間接着剤を使いましょう。接着剤を少量取り、爪のヒビの部分に塗っていきます。大量につけると指に流れてしまうので、くれぐれも皮膚に付かないよう注意してください。接着剤が完全に乾いたのを確認したら、爪ヤスリで表面を滑らかにすると見た目もキレイです。

外出先でお手入れができない時には絆創膏でガード

外出先で爪が割れてしまい応急処置がしたくてもそんな時間が無い!道具も無い!そんな時は絆創膏をつけてしまいましょう。割れた部分を何もせず放っておくと、更に割れてしまったり服やストッキング等に引っかかってしまったりとかなり厄介です。すぐにはお手入れができなくてもしっかりガードしておきまょう。

割れてしまわないように健康な爪をキープすることが大切

爪が割れてしまう前にしっかり保湿し、たんぱく質等の爪に良い栄養を摂ることも大切です。応急処置として今回ご紹介した方法を使ってください。また、ご紹介した方法は爪の先の部分が割れてしまった時に使えるものです。大きく割れてしまったり出血している時は、きちんと消毒をしてケアしましょう。ト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いたライター

BeautyPark 編集部
あなたの街の美容サロンをPick upしてご紹介します!

▲トップへ戻る