2015年7月16日 更新

正しい付け方で香りが続く♡効果的な香水の付け方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

BeautyPark 編集部

香水を付ける時、あなたはいつもどこに付けていますか?いつもどこにどのようにして香水を付けているのか思い出してみてください。香水を付ける場所がとっても大事なんです。

正しい付け方で香りが続く♡効果的な香水の付け方

間違った付け方をしている人が多い!

香水を付ける時、首に付けるのは間違いなんだそうです。しかも直接吹きかけている人が多いんだとか。
ちなみにこの直接吹きかけるという行為もNGだということを知っていましたか?そもそも香水というのは手首にワンプッシュで少し付けてその残りを首元にも付けるというようなごく少量の香水でほのかに香らせるものなのです。

周りに不快感を与えているかも!?

香りの強い香水の場合には、自分ではいい匂いと思っていても周りからは「きつい」「クサイ」と思われていることも多いかもしれません。
特に、電車などの個室空間では周囲に対する殺人行為になりかねないのでオシャレマナーの基本として香水を付ける量には注意が必要です。

香水を付けるべき場所は体ではない!?

香水を長年付けている香水上級者の方によると「女性なら香水を付けるべき場所は体ではない」といいます。実はスカートの裾に付けて歩いたり動くたびにほのかに香らせるのがベストなんだそうです。
実際、男性は街中でも通り過ぎた女性から「ふわっといい香りがすると、つい振り返ってみてしまう。」「追いかけそうになる。」という意見が多く聞かれました。同じように男性の場合には、着ているシャツの裾や首元の襟に少しに付けておくとほどよく香るそうです。

付ける回数は1回で十分

日本人は体臭は強い方ではないので付ける回数もワンプッシュくらいでちょうどいいんだそうです。
ワンプッシュだけじゃあまり香らないと思う人もいますが、香水は元々体臭をごまかすために作られたものなので基本的にはそこまで必要ないのです。平安時代にはお香でごまかしていたそうですよ。

ほのかな香りで印象アップ!

効果的な香水の付け方をご紹介しましたがいかがでしたか。
今日からは香水の正しい知識を活かしながら、香水ライフを楽しみましょう。自分で楽しむだけでなく周りも香りを楽しめるように、付ける時にはふわっと香るくらいがちょうどいいということを忘れないように気をつけてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いたライター

BeautyPark 編集部
あなたの街の美容サロンをPick upしてご紹介します!

ライター画像

▲トップへ戻る