2015年6月23日 更新

アレンジできない不器用さんはとりあえずコレ!簡単ヘアバンドアレンジ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

BeautyPark 編集部

付けるだけでおしゃれに見えるヘアバンド♪寝起きのぼさぼさ頭や前髪が決まらないというときでも様になる万能アイテムです。
今回は一手間加えたヘアバンド活用術をお伝えします!いつものヘアスタイルから脱却したいけど、凝ったアレンジはできません!という初心者さんにおすすめのアレンジです。

シースルーバングで大人ヘアバンドアレンジ

低めの位置でラフなポニーテールを作ります。太めのヘアバンドを使うときは、前髪を軽めにしたほうが今っぽい雰囲気になると思います。前の位置でヘアバンドを付けるとレトロな雰囲気が出て可愛いです。

くるんとお団子+ヘアバンド

①まず全体を32ミリのコテでランダムに適当に巻く、②顔周りの毛を残し、耳より後ろの毛を下で結ぶ、③ラフにピンでお団子にまとめてからヘアバンドをつける、④バランスよくヘアバンドをつけたら、耳あたりを少しひねってつけるとメリハリが出ます!
ポイントは顔周りの髪の毛をきっちりまとめすぎず、ラフにするところ。

雨の日におすすめ!ポニーテールにヘアバンドをプラス

雨が多くなるこの季節は、湿気で広がる髪をどうにかしたい!いつものポニーテールにヘアバンドをプラスするだけで、まとまるandオシャレになるのでオススメです☆色々なコーディネートに合わせられるように色やデザインを沢山揃えておくと◎

ゆるさが可愛いモコモコヘアバンド!

①32mmのヘアアイロンで、全体をリバフォワで巻きほぐした後、二つに分ける。②片方ずつ、上から髪の毛をとって下までねじる。③ゴムで留めたらほぐしながらゆるさを出し、ヘアバンドとスプレーワックスをつけて完成!

たくさんのバリエーションを持っておくと便利♪

簡単にできるヘアバンドもたくさんの種類が出ているので、シーンに合わせて使い分けてみてください♪綺麗系にしたいときは細めのバンド、カジュアル系にしたいときは太めのバンドなど、アレンジは同じでも付けるアイテムによって雰囲気はだいぶ変わります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いたライター

BeautyPark 編集部
あなたの街の美容サロンをPick upしてご紹介します!

ライター画像

▲トップへ戻る