2016年3月14日 更新

広告・SNSで集客できない理由~ヘアアレンジの動向から見えるサロン集客~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

BeautyPark 編集部

目的を理解しないまま、SNSや広告を活用して集客はできるの?簡単・お手軽ヘアアレンジをただ発信していくだけでいいの?
実は気付いていたけど、”気付かないふり”をしていた部分。

今回はインスタグラムで数多くのフォロワーを抱え、美容媒体へのコラム執筆も行う、兵庫県尼崎市の「intimhair」福原慶之さんにお話を伺いました。

intimhair 福原慶之さん

intimhair 福原慶之さん

兵庫県尼崎市で美容室「intimhair」を経営している福原慶之さん。
ヘアアレンジイベントの企画やセミナー開催、美容コラム執筆などを行い幅広く活躍中。
インスタグラムでは海外のヘアアレンジからインスピレーションを得た独創的なヘアアレンジ写真を配信し、最新スタイルを提案することで多くのフォロワーから支持を得ている。

Instagram→https://www.instagram.com/intimhair/
店舗ページ→http://www.beauty-park.jp/shop/235992/

「簡単」「お手軽」だけでいいの?

広告・SNSで集客できない理由~ヘアアレンジの動向から見えるサロン集客~

今は「くるりんぱ」などの簡単ヘアアレンジが流行っていて、SNSでやり方などを上げている人もいますが、もうありふれてきているなと感じています。
集客を目的として、SNSで簡単ヘアアレンジを発信していくのなら、後々のことを考えて発信していかなければいけないと。僕も最初のころは結構インスタでセルフアレンジ用の動画とかを発信していて、それなりにレスポンスもたくさん頂いていました。

ただセミナーを開催し始めた時、同業者の先輩に「報酬を受け取ってセミナーを開催してる技術者が、フリーの媒体で技術を解説するのは失礼では?安く技術を提供して客を呼ぶのは大衆店舗のやり方、自分達の価値を下げていくことに繋がる恐れがある。」と言われて、自分が恥ずかしくなりましたね。そこから少し視点を変えました。

日本人は技術が高い、不足しているのは「発想力」

日本人は技術が高い、不足しているのは「発想力」

インスタグラムを通じて、海外の美容師さんとやり取りをすることがあります。ヘアアレンジについてお題のようなものを相手から投げられるので、それに合わせて僕も自分らしいアレンジ写真を返しています。
お互いに送りあって技術を高めていますね。

日本人の技術はとても高いんですが、独創性が弱い気もします。

でもそれも仕方ないです。発信する最大の目的はズバリ「結果」。それが伴わなければただの趣味になってしまう。
結果を出すために、今求められてるトレンドを前提で創作することはとても大切です。けどトレンド重視で同じ作品を作っても埋もれてしまう、有名スタイリストや大手サロンに飲まれてしまう。残念ながら。

徐々に簡単お手軽デザインは飽和状態にあります。これだけ流行ったということは感度の高いお客様も増えたはずです。この方々の要望に皆様は応えられますか?
お手軽アレンジをサロンワークでそのまま使っていてはお客様に笑われますよ?だからこそ魔法の手を持った僕たち美容師のニーズとチャンスがあると思ってます。

SNSや広告は目的を理解した上で手を出すべき

SNSや広告は目的を理解した上で手を出すべき

僕が一つ思うのは、美容師さんはネットやSNSを使いこなしている人が少ないということですね。
HPを持っていない美容室も結構ありますもんね。「HPないの?」と聞いたら、ホットペッパービューティーのページを出してくる人さえいます。ネットに対して、もっと先を見据えないといけないですね。

SNSにも特徴があるので、その特徴にあわせた発信をしていかなければいけないと思います。
例えば、インスタグラムなら写真なのでデザイン性を見せられるもの。
プライベートのことも上げていいとは思いますが、ギャラリーとして見たときに見映えが変わりますよね。インスタグラムはハッシュタグの力が強く拡散されやすいので、気軽に見てもらえるのが良いところ。
そういう感じでSNS毎で上手に使い分けをしていかないといけないと思います。自分がSNSで何をしたいのかを理解した上で手を出すべきですね。

広告にしても、どこにお金を使うべきかわかっている人は結果が出ています。なんとなくやっている人と、わかって使っている人では全然差が出ますね。これからはその差がもっと大きくなってくるんじゃないかなと思います。

けど結局は現場。
お客様は厳しいから、技術、接客はもちろん電話対応も見ているし。ネットは表面上のものなので、そこからお客様にテストされていると思わないと。
特に初回クーポンとかで安くしているところは、2回目のハードルが上がりますよね。2回目の金額が「高い」と思われたら、それ以上の価値が提供できていなかったということですから。

これからやってみたいことはありますか?

自分が面白いと思うことをどんどんやっていく予定です。
今年は外への発信をもっと形にしていきたいので、ヘアアクセサリーのデザイナーさんとイベントを共同開催したり、セミナーをしていく予定です。コラボイベントはたくさんしていきたいですね。

仕事の楽しさを居酒屋の写真じゃなく、「行動」で見せる発想に変えました。次の展開が気になるサロンづくりを集客や店舗の宣伝に活用してます。
宣伝広告の結果は、掛けたお金に正直です。けど僕の様な小規模ローカルサロンはそこではなく、店舗の個性と魅力を効果的に発信することが必要かと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いたライター

BeautyPark 編集部
あなたの街の美容サロンをPick upしてご紹介します!

ライター画像

▲トップへ戻る