2016年2月15日 更新

ショートヘアの得意な美容師はカットが上手い!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

taka

ホームページなどで美容師の力量を見極めるとき、ヘアカタログを確認すると思いますが、注目すべきポイントは「ショートヘアを確認する」ことです。
ショートヘアはロングスタイルよりも誤魔化しがきかないスタイルですので、美容師の腕が出やすいスタイルと言えます。
以下詳しく「カットが得意な美容師」について解説していきますね。

ショートヘアの得意な美容師はカットが上手い!?

ロングスタイルが参考にならない理由①

ロングスタイルが参考にならない一番の理由は、ヘアカタログの多くがアイロンやコテで仕上げているからです。(「手グシで仕上げました」「ワックスを揉み込むだけでOK」などと記載されていても大抵使用しています)

ロングヘアは、どんなカットでもコテの腕次第でヘアカタログ上は「良い髪型」に見えてしまいます。ショートへアでもコテ仕上げは多いですが、ロングヘアで使用するほどヘアスタイルは劇的に変わらず、その美容師の技術そのものが出やすいです。

ロングスタイルが参考にならない理由②

「スタイリストデビューは、ロングスタイルから担当させる」という美容室があります。仮に失敗しても”髪の重さ”で誤魔化せるからです。
逆にショートヘアは「毛髪の癖」のほかに、「生え癖」「つむじ周りや襟足の処理」など注意点が多く、それだけ技術が必要になります。

※ロングスタイルも奥が深いですが、コテやアイロンで仕上げてしまえばヘアスタイル写真上は美容師の優劣をつけづらいということです。

ショートヘアのどこを見る!?

雰囲気を確認しましょう!!
ショートヘアにしたいわけじゃなくても「このショートヘアかわいいな♪」と思うことはありませんか?

その”かわいいな”と思うスタイルを作った美容師はきっとあなたとヘアスタイルの好みが合う美容師だと思いますよ。ですので、ショートヘア以外の髪型をオーダーしても満足いく髪型になりやすいですよ♪

プロフィールも確認しよう!!

ホームページの美容師紹介欄に「得意なスタイル」が載っている場合は、「ボブスタイル」や「ショートヘア」と記載の美容師を狙ってみましょう!!(男性のショートヘアではなく)

なぜならボブスタイルなどを好む美容師ほど、カットの奥深いところまでこだわっている美容師が多いように思うからです。(takaの完全な主観です)

先ほども書きましたが、ロングスタイルの方が比較的簡単だしコテやアイロンで誤魔化しやすいですので・・・

カットラインがきれいなショートカット集

ロングスタイルが得意な美容師さん「すいません!」

決してロングスタイルが得意な美容師を貶めているわけではありません!!

自分もロングヘアだから、「ロングスタイルが得意」という美容師もいます。ですので、決してロングスタイルが得意な美容師がダメなわけではありません。

ただ、美容室ジプシーの方が「上手い美容師」「相性の合う美容師」を最短で見つけるなら「ショートヘアで見極めてみてはいかが?」という提案でした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いたライター

taka
全国有数の激戦区で雇われ店長を8年ほど経験したのちに独立。今現在は一人で美容院を経営中。月間60万ビュー以上のアクセスを誇るブログでは「美容院の見分け方」や、「薄毛対策」「おすすめのシャンプー解析」等の記事を綴っています。
blog→おすすめ美容院の見分け方~美容院ジプシーに捧ぐ~

taka

▲トップへ戻る