2015年7月23日 更新

おしゃれに節約、貧乏パーマが可愛すぎる♡

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

BeautyPark 編集部

パーマをかけたいけど、お手入れも大変だしたまにはストレートも楽しみたい…そんなお悩みを解決してくれるのが貧乏パーマです。「貧乏」とつくとちょっと印象も悪いですが、マスターすれば簡単におしゃれなウェーブヘアを楽しむことができるイマドキ女子の強い味方なんです。そんな貧乏パーマのやり方とポイントをご紹介します。

ブローは少し湿り気が残るまで

やり方は簡単、三つ編みを作って放置するだけです。より綺麗で長持ちするウェーブを作るためにはいくつかのポイントがあります。
まずはブローです。一番おすすめは前日の夜お風呂あがりにブローをして三つ編みをつくり、そのまま寝るというパターンなんですが、その時、完全に髪を乾かしてしまうのではなく少しだけ湿り気が残るくらいまでにしてください。加えて巻き髪用のミストなどもふりかけておくと綺麗なウェーブができます。

三つ編みをつくる

どのようなウェーブを作りたいかによって三つ編みのやり方もさまざまです。
強めで細かなウェーブを作りたければ何本かに分けて強めに三つ編みを作ってください。海外セレブのようなゆるいウェーブを作りたいのであれば左右1本ずつ少しゆるめに三つ編みを作りましょう。根元の方からウェーブを出したい時は編み込みを作ることでウェーブを出すことができます。

熱風と冷風をあてる

三つ編みをしたまま一晩寝て、翌日セットをする前に三つ編みを一度ドライヤーで熱風をあてて乾かしてください。
全体が温まったら、次は冷風で髪を冷やしてください。アイロンで髪を巻いたりする時にも使える技ですが、髪は一度温まって冷えることで形状記憶され巻きが長持ちすると言われています。髪が冷え切ったら三つ編みをほどき、手ぐしで髪を整えてください。

ウェーブが足りない部分はコテで手直し

毛先など少しウェーブが足りないなと思うところはコテで綺麗に手直ししましょう。仕上げにヘアセット用のワックスをもみ込んで、ヘアスプレーをふりかけておけばより長持ちします。

お財布にも髪にも優しい貧乏パーマ

いかがでしたか。コテで巻くと時間もかかるしそれだけで疲れてしまいますよね。
それに三つ編みのほうが自然なウェーブをつくることができ、海外セレブのようなおしゃれな髪型も簡単に楽しむことができます。お金もかからないし、髪も傷まないなんて嬉しいですよね。ぜひ皆さんも「貧乏パーマ」をやってみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いたライター

BeautyPark 編集部
あなたの街の美容サロンをPick upしてご紹介します!

ライター画像

▲トップへ戻る