• BeautyParkトップ
  • コラム コールドパーマでふんわりと優しいヘアスタイル...
  • ヘアスタイル
  • パーマ

コールドパーマでふんわりと優しいヘアスタイルを手に入れる

コールドパーマは、柔らかい質感のヘアスタイルを作るのに適したパーマです。専用の液をつけて髪にくせをつけることで、思い通りのヘアスタイルにします。

コールドパーマには、髪が濡れているときにカールやウェーブが強く出るという特徴があります。スタイリングの方法などを正しく知って、ヘアスタイルを楽しみましょう。

ダメージを抑えたふんわり柔らかいパーマ

最近はいろいろな種類のパーマを耳にしますが、中でもコールドパーマは最も一般的で、どこのヘアサロンでもかけることのできるパーマです。熱を使わず常温で薬剤を使ってカールやウェーブをつけるので、髪に与えるダメージを比較的抑えることができます。

では、コールドパーマはどのような仕組みになっているのでしょうか。最初に塗布する1剤が髪の内部に浸透し、髪の成分の結合を切って軟化させます。軟らかくなった髪にカールやウェーブといったくせをつけた状態で、次に塗布する2剤で再び髪の成分を結合させることで、髪を思い通りのスタイルに仕上げることができます。

髪が濡れた状態の時に最もカールやウェーブが強く出るので、スタイリングの際には髪を少し濡らした状態でワックスやムース等のスタイリング剤を使用するとよいでしょう。乾かすとカールやウェーブが弱くなります。そのため、ロッドのサイズやパーマ剤を塗っておく時間などをきちんと計算する必要があります。

なお、縮毛矯正を行っている場合は、コールドパーマをかけると元の髪質に戻ってしまうので注意しましょう。

コールドパーマで理想の髪型にしてもらうために

コールドパーマは、ふんわりとした柔らかい質感のスタイルを作るのに適しています。ただし、市販のパーマ剤を使って自分でパーマをかけるのは至難の業です。

コールドパーマは、髪が濡れた状態で最もカールやウェーブが強くかかり、髪を乾かすにしたがって髪が伸びた状態になります。そのため、理想的なパーマにするためには、濡れた状態と乾いた状態の両方を熟知している必要があります。

また、髪質・髪のコンディションによってもパーマのかかりやすさは変わります。こだわりが強い、絶対失敗したくないという人は、ヘアサロンに相談してみることをおすすめします。

経験を積んだプロの美容師にどのような仕上がりを希望しているのかをきちんと伝えると、イメージ通りのスタイルに仕上がるでしょう。

コールドパーマでは熱を使わないので、髪の根元からカールやウェーブをつけることができます。施術時間は作るスタイルによりますが、一般的には熱を加えるパーマよりも短時間で仕上がります。

スタイルの持続期間はだいたい2~3か月で、熱を使ったパーマよりも短めなので、次のヘアスタイルにチャレンジしやすいというメリットがあります。

コールドパーマをかける前に確認しておきたいこと

コールドパーマは髪質や、髪の傷み具合によってかかりやすさが変わります。一般的には、太くてしっかりした髪にはかかりにくく、もともとくせのある髪には比較的かかりやすいです。ただし、髪質に関わらず傷んだ髪にはかかりにくいことは覚えておきましょう。

コールドパーマの料金は、地域やヘアサロンによって変わりますが、基本的には8,000円~10,000円程度のところが多いです。髪が長い場合にはロング料金が発生する場合もあります。

また、最近ではフリーペーパーやウェブサイトでクーポンを発行しているヘアサロンもあります。折角なので、お得にコールドパーマをかけたいですよね。あなたのエリアのサロンをチェックしてみましょう。

コールドパーマでつけたカールやウェーブは、一般的に施術してから2~3か月持続します。スタイルが決まりにくくなってきた、ウェーブやカールが伸びてきたと感じるようになったら、かけ直しの時期と言えるでしょう。

コールドパーマで思い通りのヘアスタイルを楽しむ

コールドパーマは、ふんわりとした柔らかい質感のヘアスタイルを作りたい人におすすめのパーマです。イメージ通りのヘアスタイルを手に入れるには、髪の状態を見ながら正しい知識を持って施術を行う必要があります。

自分の髪質や傷み具合をきちんと見ながら施術を行ってくれる美容師さんに、まずは相談してみましょう。

秋におすすめの記事

  • ヘアスタイル
  • パーマ
▲トップへ戻る