• BeautyParkトップ
  • コラム リンスの効能や効果的な使い方を知ってサラサラ髪に...
  • ヘアスタイル
  • ヘアケア

リンスの効能や効果的な使い方を知ってサラサラ髪に

リンスは、シャンプー後の髪に使用します。リンス効果をうたったシャンプーもありますが、市販のリンスは多くがシャンプーとセットで販売されています。

リンスには、毛髪をオイルなどのリンスの成分でくるんで膜を作り、外からの刺激を受けにくくする効果、毛髪の水分や栄養分が流出するのを抑える効果があります。

シャンプーだけだときしみやすい髪にはリンスを加えると効果的です。

リンスの種類を知って自分に合ったものを選びましょう

現在は、いろいろな種類のリンスが販売されています。髪のきしみやパサつきなどを緩和する効果をうたったリンスだけでなく、ダメージを補修したり、髪の水分やキューティクルを保護する効能を前面にだした製品など様々です。

アロマオイルを配合して、リラクゼーション効果を高めたものもあり、使用されている成分も様々で、洗い上がりの違い・髪質・傷んだ髪用・フケ・かゆみ用などいろいろな角度からリンスを選ぶことができます。

シャンプーと同じラインのリンスが効果的とされていますが、髪質や使用するシチュエーションなどによって、自分に合ったリンスを楽しんで選びながら、毎日のヘアケアに活用していきましょう。

リンスの効果的な使い方について

リンスには、シャンプーで洗い上げた髪の毛に油分でコーティングをほどこし、手触りの良い髪を作る効果があります。まず、しっかりとシャンプーを流した髪に、リンスを付けていきます。

この際に、地肌は避け、髪の毛の中間~毛先部分に集中してつけるようにしましょう。地肌にリンスを付けることで、リンスの油分が頭皮の毛穴の詰まりの原因となることがあります。またリンスは長く置く必要がないので、すぐに洗い流しましょう。

ヘアリンスを選ぶ際に知っておきたいこと

現在は、様々な種類のリンスから選ぶことが出来ます。添加物の使用されていない自然派のもの、ノンシリコンのものなど、いろいろなリンスがありますので、自分に合ったリンスを見つけるようにしましょう。

リンスの主な役割は、髪の表面を油分でカバーし、シャンプーの後の髪のきしみを防いで、手ざわりを良くする、髪の水分の蒸発をおさえると言うものです。

まず、自分の髪の状態を確認し、どのような悩みがあるのか、どのような洗い上がりになりたいのかを考えるようにしてリンスを選びましょう。

秋におすすめの関連記事

  • ヘアスタイル
  • ヘアケア
▲トップへ戻る