2015年6月23日 更新

気になるししゃも足を改善して誰もがうらやむ美脚に!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

BeautyPark 編集部

ふくらはぎがふっくら盛り上がったししゃも足…。そこまで太っているわけではないのに、ししゃも足のせいで、なんだかスタイルが悪く見えてしまったりします。
そんなししゃも足も、人によって原因は様々です。自分に合った改善方法を知って、ミニスカートの似合う美しい脚を手に入れましょう!

気になるししゃも足を改善して誰もがうらやむ美脚に!

日常生活の中で、ししゃも足になってしまう原因は?

「ししゃも足」の原因は、筋肉が発達しすぎていたり、逆に脂肪がつきすぎている場合があります。また、頻繁に高いヒールをはいていたり、立ち仕事をしている方は、むくみが原因でししゃも足になっていることもあるようです。
むくみケアを怠ると、脂肪がつきやすくなり、ししゃも足に大きく影響します。

ししゃも部分をストレッチで伸ばしてやわらかく!

硬くなった「ししゃも」部分の筋肉をストレッチで伸ばし柔らかくすることで、血流が良くなり脚が細くなりやすくなります。
筋肉がついているししゃも足の方も、筋肉は硬いと太く見えてしまうので、できるだけ柔らかくほぐしておくことが大切です。

体が温まっているタイミングでマッサージを

入浴後の体が温まっている時に、マッサージオイル等をつけて優しく揉み解してください。ふくらはぎの血流やリンパの流れを良くし、老廃物の排出をスムーズにします。できれば毎日続けて、一日一日のむくみ、疲れを翌日に残さないようにしましょう。

座る時、立っている時の姿勢に気を付け歪みの改善を

姿勢が悪いと骨盤が歪み、バランスが悪くなってしまいます。立っている時、歩いてる時、座っている時、どんな時でも背筋を伸ばしたままキープすることが理想です。完璧にはできなくても、意識して治そうとすることが大切です。
あまりにも歪んでいるな、と感じるようであれば、整体などでプロに見てもらうことをオススメします。

歩きやすい自分の足に合った靴選びを心がける

流行に敏感な女性の中には、高いヒールを履いたり、履き心地よりデザイン重視の靴選びをしてしまう方も少なくありません。
合わない靴を履いていると、変な部分に力が入ってしまい、悪い姿勢と同様、体の歪みに繋がります。きちんと自分の足に合った靴選びを心がけましょう。

バランスの良い体づくりが、ししゃも足卒業への近道です

改めて生活を見直してみて、思い当たるししゃも足の原因はありましたか?
ししゃも足になるのは、足だけでなく、体全体の影響もあるようです。特に歪みが原因のケースは、ししゃも足以外にも悪影響が出てしまうことがあるので、自分の体と丁寧に向き合い、早めに改善できるよう努力していきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いたライター

BeautyPark 編集部
あなたの街の美容サロンをPick upしてご紹介します!

ライター画像

▲トップへ戻る