2015年6月17日 更新

実は見られてる!背中のムダ毛処理みんなどうしてる?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

BeautyPark 編集部

肌見せが多くなるこの時期。腕や足のムダ毛処理はばっちりだけど意外と忘れがちなのが背中のムダ毛処理。水着や浴衣でアップスタイルにしたらうなじから背中にかけてムダ毛が・・・なんて残念なことも。背中のムダ毛処理どうしているのでしょうか?

実は見られてる!背中のムダ毛処理みんなどうしてる?

できればサロンで処理を!自己処理は気を付けて!

日頃隠れているところだからこそ油断しがちな背中のムダ毛。手が届きにくく見えづらいところだからこそ、できるだけサロンで脱毛するほうが安心です。
しかし急なお誘いやサロンにかかる時間もお金もない!という人には自分でできる自己処理がありますね。メリットとデメリットがあるのでしっかり理解した上で、安全に行いましょう!

カミソリや電動シェーバーで剃る

一番簡単で手頃にできるのはこれ!自分で剃るときは安全な女性用のボディーカミソリ(T字)がいいですね。
な予定が入っても処理が簡単ですが、なかなか範囲が広いため剃り残しが多く、カミソリ負けを起こして赤くなってしまう場合があるので注意が必要です。誰か手伝ってくれる人がいると綺麗に剃れますね。毛流れに沿って上から下にむかって剃ると綺麗に剃れます。剃った後は保湿を忘れずに!

脱毛クリームで溶かす

毛が濃い人や剛毛の人におすすめです。脱毛クリームは塗って流すだけで簡単なので肌をカミソリのように傷つける心配はありません。また黒ずみも目立ちにくいです。
しかし、クリームの量や流すタイミングなど難しくいきなりやろうとすると失敗しやすいでしょう。また肌にクリームが合わないとかゆくなったり、赤くなることもあります。必ずパッチテストをやって肌にクリームが合うのか確認してから使用してくださいね。

ワックスシートで抜く

粘着のあるシートを一気にはがす方法です。ワックス脱毛・ワックスシートなどと呼ばれています。広範囲の処理ができ、根元から抜けるので綺麗な状態が長く続きます。
ですがこちらも協力してくれる人がいないと難しいですね。シートをはがすときはためらわず一気にはがすと痛みはあまりありません。また毛流れと逆に下から上に向かってはがしましょう。肌に刺激になるので肌が弱い方はやめておきましょう。アフターケアもしっかりと!

番外編、背中の脱毛タオルを使ってみる!

どの方法もいまいち上手くいかない人は、脱毛タオルというものもあるのでやってみては?いろんなメーカーから発売しています。タオルの繊維で背中の産毛やムダ毛を絡めとります。
垢すりのような粗い素材で出来ているものではなく、コットンやシルクなどの天然繊維でできているタオルです。比較的に毛が薄い人には効果が見られますが、剛毛の人にはなかなかとり切れないそうです。ゴシゴシやると肌を傷つけてしまうので、毎日少しずつお風呂で行いいざというときに焦らないようにしておくのもいいかもしれません。

肌質に合わせて!今からでもケアを!

急に焦って行うと肌が荒れてしまったり、傷つけてしまったり逆に困ってしまうこともあるので、こうならいためにも日頃からのケアが大切ですね。
前もってサロンに通っておくのもいいですし、自分にどのタイプの処理があっているか調べておくのも大事です。綺麗な背中で前から見ても後ろから見ても抜かりない女子になりましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いたライター

BeautyPark 編集部
あなたの街の美容サロンをPick upしてご紹介します!

ライター画像

▲トップへ戻る